平成29年 10月 11日(水) 大川 澄雄

とても長~い朝顔

 一日で萎んでしまう「日本朝顔」それが何となんと2~3ヶ月咲き続けると言う朝顔、本当の名前は定かではありませんが、「朝鮮朝顔」と言うんだそうです。

 家の通りにありますkさんの垣根の玉椿を覆い隠すようなその栄えぶり、見事なのもです。もしかしたら雪が降っても咲いているのかも知れません。朝夕必ず眺めております。雨降りばかりで、気持ちまで暗くなる日々、唯一パッと明るい大好きな花です。

平成29年 10月 10日(火) 清野 道義

2日晴れても3日雨

 初秋野頃から雨が少し多かったのですが、最近はその雨がますます混んできました。おかげで稲刈りがなかなか進んでくれません。
稲刈りが進まない他、日に日に田んぼが柔らかくなって来ています。
田んぼが乾く隙を与えず雨が降るのでコンバインが進んだ跡が筋状に深い溝となって残ってしまいます。
この状態ですと稲刈り後の排水作業が大変苦労してしまいます。
この作業をおこたると、来年春の農作業に曳航してしまうので手を抜くことが出来ない作業です。
 今年はこの後、暗渠排水の施工作業が舞っています。
この作業は田んぼの排水を良くするための恋路なのです。田んぼの条件の悪い所に入れようと思っているものなので、益々作業が大変になってしまいます。
それでも何とか頑張って入れるつもりでいるのですが、目に見えて苦労するのが分ります。
家族には苦労かけますが、来年からの事を思って今、苦労してもらいます。

平成29年 10月 7日(土) 大川 澄雄

こんな長閑な村になぜ??

 こんな長閑な大潟村になぜ??と不思議に思いますが・・・・。今年も異常となりました熊の出没、何時も新聞を賑わしておりますが、この湖に囲まれた干拓地、しかも山と言えば海抜ゼロメーターの「大潟富士」、しかも隠れる森と言いましても少々の狭い藪程度の雑木、草叢の茂みがある程度、決して熊の住処ではないと思いますが・・・。

 始めて大潟村で熊を発見されたのが10年程前だったでしょうか、「この干拓地にまさか」との思いが強く誰もが信じられない出来事だったのです。勿論村のニュース第一位だったのは言うまでもありません。もうこんな事は無いだろうと思ておりましたが先月より目撃者が出まして「まさか何かの見間違いでは」と言う事でありましたが、9月30日再び発見、地元消防団、猟友会の出動で駆除されました。

 私も同行いたしましたが、駆除された熊は体調1,4メーターの大きな熊でした。でも体重はその割合に少なかったようです。つまり食べ物に恵まれない、この干拓地まで来ても食糧がなかったと言うことです。仕留めた人に聞きましたが、「かわいそうだ、食糧が山になく食べる事が出来ない。山奥にいれば殺されることもなかったのに・・・・」と寂しい表情をしていました。本当に熊が悪いとは思いませんが・・・・

平成29年 10月 5日(木) 大川 史郎

 なかなかの雨続きで進まなかった稲刈りもここ2、3日は無事刈れそうな様子(予報調べでは)
 
 最近、夜が結構寒く感じるようになって、半袖ではいられなくなりました。
そういや、もう10月なんだな…
 8月終わりからのバタバタであっという間だった印象、早いもんだ。

 車に乗る時ふと見ると蜂を発見。アシナガかな?外が寒いのか全然動きが鈍い。

 この動かない虫を見るのも秋を感じる一つかな。

平成29年 10月 4日(水) 清野 道義

明日から稲刈り再開です

 明日は、3日振りの稲刈り再開です。
中途半端に雨が降るので、稲が濡れてしまうと稲刈りがしばらく出来ません。
5分くらい降って2~3時間晴れてくれるのでそろそろ刈り始めようかと言う所にまた雨が降り出し、それで稲刈りできずに1日が終わってしまいます。
通常、稲刈り出来る時間と言うのが、朝10時頃朝露が上がってから夕方の露が下りるまでの7時間から8時間が限度です。
その間に5分雨が降ってしまうと雨が乾くまでは稲刈り一時中断です。
その待ってる時間がホントに腹が立ちます。
雨さえ降らなければ・・・・・ (;一_一)