平成19年 3月 19日(月) 早津 一仁

季節はずれの・・・完璧な冬???

 「何でこうなるの・・・?」と言いたいくらいの朝でした。
ここ連日の寒さ・吹雪ですから、春の農作業モードに転換した筈の私たちの身体が、もう完全に逆戻りです。

 写真は今朝の事務所前の雪景色です。ちょっと首を傾けたくなるくらいの大寒気団の到来でした。2月には全く「雪寄せ」作業をしないで来ましたので、今になって、一旦締まった筈の雪ベラや長靴をもう一度探してきての雪寄せをここ毎日やっております。

 さてさて暦の上では「お彼岸」に入っております。九州・四国と桜前線が北上し始める頃と思います。また見事なまでの桜並木・桜吹雪を、ここ大潟村でも堪能できる楽しみに期待して・・・!

 明日は全国的に、小学校や中学校の終業式の日でしょうか。何はともあれ晴れの日でありますよう、祈るばかりですね。(さてさて心配な娘たちの通信簿はと・・・?)

平成19年 3月 16日(金) 早津 一仁

先週のことですが!

 初体験のバックカントリー・ツアーに参加。
実はSIAの北東北支部主催「インストラクター・セミナー」に参加の1コマです。
こちらは、講師を務めました安比スキースクールの斉藤文明校長です。
(ちなみに私・早津は右の写真でした。)

 岩手八幡平の茶臼岳に、スノーシューを履いての春山ツアーでした。約2時間の山登りのあとは、吐息も凍りそうな山小屋の中での、冷えたおにぎりと温かいお茶でした。手袋も帽子も雪で固まったままです!
 ここからは下る一方です。ということは勿論、新雪・深雪の大斜面スキー三昧で~す!

平成19年 3月 15日(木) 大川 澄雄

  またまた、でばんで~ちゅ
          ごめんなちゃい・・・。

 「またまたわたちのでばんでちゅ」と言うのはじいじが、「どうしても今度まで出ろ」と無理やり言うので、仕方なく出てやりました。

 少し加勢したいな~と思って、今野菜をきざんでるところ、「な~に?、包丁危ないって、だいじょうぶい」いつもママをこうして助けてるんでちゅ。少しでも楽させようと思って・・・。えら~いでちょ・・・。

 どうでちゅこのポーズ、相変わらずの左きき・・。でも真剣でちゅよ。ちゃんと格好ついてるでちょ。「大きくなったら、料理の先生になるんだ」とも、何とも言ってないけど・・・。

 実はみ~んなじいじが勝手に言ってるんでちゅ。まだわたちの進路決めてないんでちゅよ。ゆっくり決めまちゅね。まだまだ人生なが~いんでちゅから・・・・。

 と言うことで、まだ居候してました。この寒の戻りで毎日雪ですので、多分ゆっくりして帰るんでしょう。仙台のパパが独り首をなが~くして待ってると思うけど、いま暫らくね。じいじの相手して・・・。

 

平成19年 3月 14日(水) 清野 道義

 今日も冬です(ーー;) 寒い一日になりました。季節風が吹き荒れ、時折り吹雪になったりと大荒れです。最近田圃に通っているのですが、積雪が有るし気温も低いので、なかなか外の仕事に手を付けられない状態が続いています。
 去年の雪解けも遅かったのですが、今年は冬に逆戻り状態です。早く暖かい春の風が吹いてこないかと気を揉んでいる所でした。

 来週になると育苗ハウスに屋根ビニールが掛かり、雨が降ろうが槍が降ろうが、仕事を進めていかなくてはなりません。田植えの日程が決まっているので、逆算していきながら仕事の日程を決めていくので、流れ作業的に仕事をこなして行きます。天気が良いほど仕事がスムーズに流れるので、これから天候の回復を心からお願いしたいです。

 写真は先回の一言で約束していた、はっきりくっきり「オーブ」の写真です。
子供たちは「じいちゃんが来た。」と言って、凄く喜んでいました。

平成19年 3月 13日(火) 長井 一彦

 寒気団が入り込んだばかりに、二日間荒れ狂った吹雪と強い風に悩まされ続けた週末でした。皆様では如何でしたでしょうか。
 
 娘たちが高校出てから14年でしょうか? いまだに、部員でした親達での親睦会を年に一回やっておりますが、当時の監督でした先生にも参加してもらい交流を深めたのでした。やはり関心ごとは子供たちの近況。お嫁に行った二人の生徒たちが子供をつれて出席し、孫に当たる子達とトランプ遊びやらで更に盛り上がる姿を見て、「幸せってこうゆうことか」と。わが家ではまだまだ先のことです。はい・・・。

 
 さて今日は荒れ狂った風もやんだところですが、雪も降る一日です。やはり暖かい日が待ち遠しいところです。
「サクラがさいた」と連絡を待っている家族がいるのも、今日は高校受験・合格発表の日でした。