平成18年 8月 18日(金) 早津 一仁

「天の恵み」か・・・!

 はてさて今日は何日ぶりに、雨が降ってくれたことになるのでしょうか?
私たちのこの『一言』も、あんまりの暑さに少々オーバーヒートしてしまいまして、実はネタ切れ状態だったようで・・・? 私たち人間も、植物たちも夏バテ状態でしたよ。
ふ~! ちょっと一息つけれますね。

 あっという間に、今年もお盆のセレモニーが過ぎていきました。
ということは、もう少しで子供たちの夏休みも終わってくれますね・・・。
わが家の今年の「夏の思い出づくり」は、果たして出来たのでしょうか・・・?

 ここ大潟村では教育委員会が主体となって、韓国は群山市のインピ中学校と交流があります。最近では生徒たちを交換研修させる制度を整備してくれまして、7月には向こうからこちらに来てもらい交流しました。今度はこちらの代表たちが韓国を訪問します。実は昨日、秋田空港からの直行便にて、その一行が旅立って行きました。
清野さんの娘さん、そしてわが家の娘も希望しまして、大きな経験をさせて頂きます。
「百聞は一見にしかり」・・・元気に楽しんで来てくれる事を願って。

平成18年 8月 17日(木) 太田 稔

スイッチ・・・オン

「暑いです!外に出れません・・・」
猛暑を通り越し、炎暑・もしくは酷暑・なんて言葉が、平然と使われ
地球温暖化の道を着実に歩む地球の大地・・・
あんまし暑いので、こんな事を考えてしまいます。
まして、わが家にはエアコンが無く、扇風機は単なる熱風攪拌機?としか思えません。


しかし「あきたこまち」は至って順調!
「暑さなんか、関係ないねっ!」ってなもんで熱風吹きすさむ
この秋田の大地で、着実に穂を出し、只今太陽光線をデンプンに変換し
籾の中に移行中です。(ちょっとばかし垂れてる穂は、早熟者のあきたこまち。
この分ですと今年のお米も、かなり旨いんでないかい!

関係ないが、先日スポ少のキャンプで、山形のキャンプ場へ行った時の事。
早朝から30℃を越える天気の中、朝ごはんをいただきまして
当然の如くもよおしてきた訳で、「トイレ」に入ったのですが・・・
悲しいかなその洋式便座には、有難くも「暖房便座」のスイッチがONになっていた・・・有り得ない。

平成18年 8月 11日(金) 清野 道義

 今日、8ヶ月振りに長女が東京から帰ってきます。
大学で陸上の部活動をしている娘は、忙しいようでなかなか帰ってこないのですが、明日ここ大潟村で行われる成人式に、参加するために帰ってきます。
夏の成人式は着物を着せる事も無いので、大変気軽で楽な式になります。
 
 家に居る間は毎日遊びまくるでしょう。ただ地方の遊びは限られているので余りお金も掛からないので安心です。
 明日は二女が下宿から帰ってくるので明日の晩は久しぶりの家族全員集合と言った所です。

 何日いるかわからないけれど、ゆっくりして行って欲しいものです。

平成18年 8月 10日(木) 大川 澄雄

こわ~い話し・・ン?寒~い・・・。

  
 本当に猛暑の最中でございますが、どうぞお元気でお過ごし下さいませ。こんな暑い日々、今日はひとつ「こわ~い話し?」を致しますね。
 それはそれは、数年前・・・・・。私ども山の仲間が突然亡くなった事から始まるのです。
その人はとても山(猟)好きで、青森県岩木山に「また行こうな」と行って別れたのが最後でした。
そして、突然発病、救急車で運ばれたのですが、間もなく息を引き取ったんですね。
そして、49日の法要、ここから始まったのです。ああこわ~い・・・・。

 その法要の時、仏壇の前で私はその人を讃える思い出の短歌を呼んでお参りし席に着いたその直後だったのです。私は横を向いててわからなかったのですが、後ろから突然・・・・
私に抱きついたのです。それはその人の娘さん、まさにその人の形相、仕草で隣りの部屋から走り出て私に抱きついたのでした。皆んな慌てて後ろから追ってきて引き離したんですが、娘さんぐったりしてその場に倒れ、気を失ったんですね。

 それはその人、その思いの歌に嬉しくて有難くて、どうしょうもなく娘さんに乗り移って感謝を表したかったんですね。「こんな事があるか・・・」皆、あっけにとられたのでした。
 これでは終わらなかったのす・・・。皆で山に行った(その人それが最後になったのですが)時、その人珍しく岩木山をバックに写真撮ったんですね。その写真、現像したら何と?・・・・。
全てが血に浸したように真っ赤に変色していたのです。またこのような事も・・・・。
 私ども山に行く時、その時刻に決まってその人の家で家を揺さぶったり、激しい音立てたり・・・。その人がいつも乗っていた席が妙に線香臭かったり・・・・・・。

 どうですか?信じられますか?でも本当の出来事なのです。このお盆を迎えますといつも思い出すのです。そして仲間とご冥福を祈りつつ酒?を呑んでいるんです。

平成18年 8月 9日(水) 長井 一彦

 暑い日を過しております
 10日間もの雨が降らないでしょうか、秋田で梅雨明け宣言後から夏日を迎えて温度も上昇中、今日は34度にもなるとか。あきたこまちも順調に成育しております。
 私だけが身体がだるいのでしょうか。屋根にペンキ塗りなどやってみたらやめる訳にもゆかずつい無理をしてみたのがダメだった様です。
週末の5日に女房にせがまれて青森の五所川原市、車力村そして十三湖へと行ってきました。
目的は五所川原の立ねぶた(?)を見るのでした。勇壮けんらん高さは十二階に相当する22メートルもの高さがあるのでびっくり。
十三湖を一周して倅達が水泳の駅伝競技があるとかで漁港で設けられたコースで練習を見学、泳いでいる姿は初めてのこと。そこそこ上手そうだ。
 お盆を迎えるにあたり実家までお墓参りに行ってきます。北の国ではその後の雨が降るたびに涼しくなってゆきます、こまちも黄金色の穂に変わり収穫を目前にします頃。
豊作を願ってご先祖にお願いをしなくては。
美味しいあきたこまちを皆様にお届けできるのもあと少し、もうしばらくお待ち下さい。