平成29年 10月 24日(火) 清野 道義

この度の台風21号は、

 この度の台風21号も各地に爪痕を残して過ぎ去って行きました。
大雨やその影響による土砂崩れ、そして風による倒壊など台風が来るたびに被害の報告がニュースに流れます。心が痛む痛ましい事件事故など生命にかかわるニュースもひっきりなしに流れて来ます。
本当に心が痛みます。
大潟村でも今年一番の大雨だったようです。災害に繋がる事はありませんでしたが、大潟村の命綱である排水ポンプが故障したらと思うと背筋が寒くなります。 
今年は、排水ポンプのフル稼働日数が過去最高だったのではないかと思わせるほど集中豪雨があったように思います。
南の海では、台風の卵が発生したとの事でしたが、21号の時と同じような場所での発生と言う事で、注意して見守る必要がありそうです。
まだ稲刈りが終っていない農家もありますがここ1週間ほどいい天気が続きそうなので、ほぼ、この期間に終わるのではないかと思います。
来月に入れば、暗渠排水設置にかかわる事業が我々の仕事の中に入って来ます。条件のいい時に作業を終えたいのですが、今年の天気はどうなる事やら?と言った所です。秋消沈してしまいそうです。

平成29年 10月 23日(月) 大川 澄雄

稲刈り終わる

 未だかつてない長い期間の稲刈り、この荒れた天候の前に漸く終わりました。稲刈り終わって本当にほっとしたのは初めてです。いや~雨との闘いでした。一日一枚(1町2反歩)、17枚ですので、1日おきに刈った事になります。1ヶ月かかりました。

 この超大型台風(雨を多く伴った)来襲の前に終わらせた事に、心から安堵致しております。皆様からのの応援を頂きまして誠に有難うございました。

平成29年 10月 20日(金) 大川 史郎

トラブル継続中

 晴れ間の少ない中、今度は台風接近とのこと。
もう何がなんでも終わらせたい一心でいるも…

 また、機械トラブル。
トラブルといっても、消耗系の故障だったのでなんとも言い難いな。
 事前の点検修理は出したんだけどな…

 色々…あって修理に随分な時間を浪費。この急いでるときに…ホント勘弁してもらいたいところ。

 ただ、それでも明日で稲刈りが終れそうなところ
…何もなければ、だけど

平成29年 10月 19日(木) 清野 道義

大潟村の稲刈りも

 最近ようやく天気が安定してくれているので稲刈り作業もスムーズに進んでいます。
台風が日本にち被いているようなので今後天気が崩れていきそうです。
この時期に台風が上陸してしまうとせっかく色づいて綺麗になって来た紅葉もダメージを受けるかもしれないですね。
大潟村の稲刈りもこの台風前に終わらせるために皆さん頑張っています。
運よく天気が崩れる前に稲刈りが終ってくれたらラッキーです。
この時期になると1日・1日の雨ごとに田んぼが柔らかくなって壱岐コンバインでの稲刈りもやりづらくなってしまい田んぼも痛めてしまいます。
秋作業の為にも雨前には終りたいものです。

平成29年 10月 18日(水) 大川 澄雄

明渠?

 単純に申しますと「明渠」、田面の排水を良くするために掘った溝のことです。
今年は本当に雨の多い年で、刈取りも大分難儀された方もいらっしゃると思います。田面が軟いとコンバインの履帯の形が深くついてしまいますので、それを明渠を通して流さなければなららい、大変な仕事が増える訳です。

 私の田んぼも一枚どうして軟弱だったのかわかりませんが、蛇がのた打ち回ったような履帯の跡形が出来まして、水が溜まると芸術的な形が現れまました。でも喜んではいられません。その一枚、明渠の所に排水出来るようスコップで繋ぎました。後の田んぼはどうやら硬く、明渠掘っただけで終わりました。農業とは実に色々の作業があるものです。映像のように縦一本ではないんですよ、横に10本以上掘ってあります。