平成29年 12月 13日(水) 大川 澄雄

「熊」に寄せて

今年、秋田県内で実に600頭以上の熊が駆除された。私の素人感覚でも熊が増えたのではなくて、山奥に木の実など皆無の状態で里山、そして家の近くに多く出没したのであって、それが駆除に繋がった。ほとんどいなくなったのではと危機感を覚える。

 何故なら、奥山に熊猟に行っても、雪山にまったく足跡がないのである。もうほとんどの熊が冬眠に入る時期に足跡を確認出来ない実態。人の話しを聞いてもそれは里山で大きな足跡を見た、そんな話しばかりである。もう奥山に帰る熊さえいないのだろうか。昨年は奥山に向かう足跡を沢山見届けた。まさに異常である。

 今年、男鹿半島で熊2頭が確認された、それだけでも大変な驚きである。また大潟村でも駆除された。まったく熊の棲む状態とは無縁な田園地帯である。できれば共に生存できたらと思うが、里山での人間との共存は難しいのではないか。やはり熊は奥山に棲むべきで、来年こそは木の実の豊作を念ずるばかりである。

平成29年 12月 12日(火) 清野 道義

今日は大荒れ

 今日は、この冬初めての季節風を伴った猛吹雪となりました。
冷え込みも厳しく風も10mを優に超える強風でした。
今季初めての吹雪は、骨身に堪えます。特に私の体の中に金属のシャフトが入っているため、寒さにあたると結構つらいものがあります。
後1日天気が有れば、外の仕事が終わるので天気予報が15日だけお天気マークがついていたのでその日に期待したいと思います。
絶対晴れて欲しい!!!!(ー_ー)!!

平成29年 12月 11日(月) 大川 史郎

「休日は何をして過ごしますか?」

 先日の休み、現在秋田市で開催されている”ビートたけしのアート作品展覧会”、『アートたけし展』というものへ行って来ました。自分にしてはなかなかない選択肢だったのですが、「せっかくだし見に行きたい」という声があったもので…

 見てきた感想としては…
 
 こういう世界観もあるんだなとか?
 ん~なんかうまく言い表せないな(苦笑)
 こういう芸術関係って感じ方は人それぞれだろうし…(結局良く分ってないのか?)

 ただ、これで今後何か聞かれたときは…
  

 「私は休日、美術館へ行きます」。

 

 
 

平成29年 12月 9日(土) 長井 一彦

ハタハタがやって来た。

 朝から雪が降っては止んでまた降るそんな一日です。
我がかしらも少しははっきりとしておりません、昨夜の飲み過ぎでしょうか、毎晩の如く忘年会のようですので。
 我が家でも昨日の朝仕事で暗渠作業を終える事となりました。ひとつき以上も天気が悪く作業が出来ず業者に委託しての仕事でした。ともあれ作業を終えることが何よりでした。酔いも気分次第でしょうか満足な酔う一日でした。
 男鹿半島では待ちに待ったハタハタ漁も昨日大群が寄って来ての大漁でした。
加工場からもまた猟師さんたちの喜びの笑顔がテレビを通じて報道されました。
暮れの一週間での喜びですが良き新年を迎えることが出来るでしょう。
 皆様の良き一年であります事を願います。 

平成29年 12月 8日(金) 大川 澄雄

すべて雪だるまマーク

 さあ~北国秋田は真冬に突入、雪だるまマークがびっしり並んだ予報図、まさに壮観です。 北国でなければ絶対見ることは出来ないでしょう。何しろこの予報の中に晴マークどころか、曇りのマークさえ無いのですから・・・。これが三か月はゆうに続くのですから、うんざりです。

 秋田にこんな言葉があります。「朝照らし婿泣かせ」。これは雪の予報なのに早朝から9時頃にかけて雲ひとつない快晴の日が何日かあります。でもそれは僅かの時間、すぐ曇ってしまって雪が降りだす現象の事ですが、婿さんには実に気の毒な話です。でもそれだけ婿さんは頑張ったと言うことでしょう。昨日(7日)まさにそんな天気でした。