平成27年 10月 26日(月) 清野 道義

ネズミが・・・・・。

 田んぼに稲が無くなると、途端にネズミが小屋の中に入って悪さをします。
わが家の田んぼの作業小屋も例外ではなく、小屋のあちこちにネズミ取りを仕掛けているのですが、なかなかつかまってくれません。
わが家の田んぼで十数か所仕掛けてありますが、家ネズミは、結構良くつかまってくれるのですが、体の大きい野ネズミは、なかなかつかまりません。
先日は、鳥もちタイプのネズミ取りを体に着けたまま逃げるネズミに遭遇、しっかり退治させていただきましたが、もう一度小屋の周りをチェックしてネズミの入りそうな場所をふさいで歩こうかと思っています。
それにしても大きいネズミでした。子猫くらいの大きさがありコロコロと太っていたのでわが家の米をたらふく食べていたのでしょう。 腹立つ~(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

平成27年 10月 24日(土) 早津 一仁

昨日・・・そして今日。

今朝は8時過ぎから雨がぱらつきまして、その後徐々に本降りになり、昼時には雷を伴って物凄い豪雨になりました。今年の稲刈りシーズンは、朝の雨そしてお昼前の一時的な雨に、何度となくコンバインを農舎に仕舞わなければならない日が続きました。それでも全般的には雨は少なく、お陰様で田面は乾燥して硬くて、コンバインの運転には快適な状態で過ごせました。本当にお疲れ様でした。

さて、わが家の稲刈りシーズンは9月24日に女房の実家(男鹿市野石八ツ面:旧若美町)にコンバインと籾運搬用のダンプを移動してから、かれこれ丁度一ヶ月の間、愛車の『コンバイン生活』を昨日までしておりました。もちろん途中で、籾摺り・精米・新米出荷と休む暇なく過ごして来ました。今日、明日とまとまった雨の降る予報です。明日こそ久しぶりに「家族サービス」してみますか・・・。

平成27年 10月 23日(金) 大川 澄雄

秋晴れも今日までか・・・

 今日は見事な快晴でありました。見渡す秋の稔り穂もすっかり姿を消しまして、ほとんど刈田となり、あの騒がしかった圃場もすっかり寂しくなりました。

 それに代わってフレコンを積んだダンプトラックが忙しそうに走っております。そうです、籾殻暗渠がおちこちで行われております。これも大潟村の風物詩でしょうか、この暗渠作業が終わりますと、空から白い冬の使者が舞い降りて来る、その時期ももうすぐではと思っております。さあ頑張って暗渠作業終わらせるぞ~・・・。

平成27年 10月 22日(木) 早津 一仁

秋晴れに恵まれて・・・

 こんなに暑くて日中は、Tシャツ姿で充分過ごせる秋晴れの青空でした。まさに大潟村では、いまが「暗渠作業」の真っ盛りなんでしょうか。

 これは漁師の皆さんが漁場に船を固定するための『イカリ』なんです!ここ八郎湖は干拓される前は、シジミ漁で活気のあった場所であります。そんな太古の遺物が、田面からわずか60~70cmの深さから発見されるのですから、いかに遠浅な湖底だったのが解りますね。

 さ~て、次のお宝物は何が発掘されるでしょうか?明日も晴れの予報です。朝晩の冷え込みが身体に厳しく感じますが、それもその筈・・・県内も山間部では初雪の予報がでしまっております。

平成27年 10月 21日(水) 大川 史郎

勘違い

 今日は朝から集団検診がありました。
 毎度これが嫌で。
 前夜も少しは抵抗を見せるべくあっさりの夕食で終わらました、カミさんに一日では全然意味がないとツッコまれましたが…この抵抗が大事だと自負しております(苦笑)。
 胃がん検査後のバリウムを出すための下剤も何を思ったか食後に飲む勘違いをし未だにバリウムは出てない状況、さらに余計目にもらった下剤もどっかに落としてかなりの時間がたってからの追加投入。しかし未だに出ず…。
 ホントこの検査は嫌だな。