令和02年 11月 18日(水) 清野 道義

ようやく暗渠敷設作業が出来ます

 ようやく暗渠の敷設作業が出来るようになりました。
中々準備が進まずようやくと言ったところでしたが、
運悪くこれからしばらく天気が崩れると言う予報が
出てしまいました。
作業機械などを現場に搬送し準備万端からの天候の為の
作業がお預けになりそうです。
せっかく気合いを入れなおしたのですが、気持ちがチョット
萎えてしまいました。
また気合いを入れなおして集中できるかな?・・・・と
言ってる場合じゃないのは分かっているのですが・・・。

令和02年 11月 17日(火) 大川 史郎

本日発表

 ここ最近、好天が続いてくれてようやく圃場の仕事が終わりそうです。
そうですってまあ、あと一つだけあるんだけど…
 本来はすぐにでも終わる段取りになってたんだけど、機械の調子がなんとも…ここにきてまさかのトラブルなのか…
 いずれによ、明日どうなるか

 さて、本日秋田米の新品種”秋系821”の名前の発表会が、都内でおこなわれました。6案から選出されたのが『サキホコレ』だそうです
 …
 …
 ……コメントは差し控えさせていただきます

令和02年 11月 16日(月) 大川 澄雄

小春日和

 そうすっきりまではいきませんが、小春日和が続くこの頃でございます。
ことしの初冬と言いましょうか、晩秋と言うか気温が高く中々区別がつかないこの頃でありました。東北の紅葉も去り、冬の情景がようやく訪れて来ました。農作業も終盤を迎え、残った様々な作業に精出している昨今であります。どうか皆様、季節の変わり目をお元気で乗り越えて下さいませ。

令和02年 11月 13日(金) 清野 道義

午前は良かったのですが・・・

 2日ほど天気が晴れてくれて暗渠の準備も大分進める事が出来ました。
気温もめっきり下がってしまい、天気が良くても日中の気温が低いため
中々気合が入りません。その中で気持ちを仕事モードにしないといけないのがチョット辛い所です。
天気のいい内に暗渠作業を終わらせたいと切に思いながら気合いを入れつつ
頑張ります。天気が続いて欲しいな!!

令和02年 11月 11日(水) 大川 澄雄

過ぎていく

 今日恥ずかしながら私の77回目の誕生日でした。本当に老齢になりますと過ぎゆく日々が、びっくりする程、早いものです。77歳と申しますと、喜寿の節目であります。もう慌てることもありません。過ぎゆく日々を、その一日を大事に過ごすのみです。

 この歳になりますと、若かった頃をよく思い出したりしますが、それも老齢化現象の一つでしょう。「昔は良かったなあ」「昔は若かった」「昔は体力あったなあ」とか、そんな戻ることもない、どうしようもないことを考えている昨今であります。