平成26年 4月 30日(水) 長井 一也

 今日の大潟村、曇りの一日。遠目にポプラやイチョウ並木にも緑が少しずつ加わり、新緑の季節に入ってきたのを感じますが、かなり乾いています。原野火災も各地でおこっているようなので、火の元には十分注意したいものです。

 写真は、育苗ハウスの傍らのイチゴです。いくつか花を咲かせていました。
 毎年、新しく株は増えてるはずですが、苗箱を並べる前に、耕起して、鎮圧するので、ハウスの端にしか残りません。昔の品種で、おそらく連作障害もあって、粒は大きなものが少なく、そんなに甘くもありません。凍らせてスムージーに使うていどですが、ちょっと期待しています。
 少し手を加えたらもっと増やせるだろうか!?・・・なんて考えたりと。

平成26年 4月 28日(月) 大川 澄雄

大きくなりました・・・・。

 こんな晴天が続くことは初めてです。巷の話しによりますと、50年ぶりの好天気続きとか、本当にに珍しく有難い北国の初夏でございます。
 この好天によりまして、苗も大きく伸びて参りました。18日に蒔いた「あきたこまち」でございますが、日々順調過ぎて、この分ではきっと田植えが早まるのではと嬉しい悲鳴を上げております。

 その前の段階がまずは代掻き、田圃もこの晴天続きによりまして本当に乾きました。これは「乾土効果」と申しまして、早苗の生育には持ってこいの自然の恵みでございます。きっと田植え後、すくすく生育の良い「あきたこまち」になる事でございましょう。

 私目も少々疲れ気味でございますが、この好天に恵まれた事に感謝しながら頑張って参りたいと思っております。皆様、これから暑い日が訪れます。どうかお身体をご自愛下さいますようご祈念致しております。

平成26年 4月 25日(金) 清野 道義

いよいよ桜の時期になりました。

 大潟村の桜並木がようやく咲き始めました。
今は、2~3分咲き位でしょうか。
日曜日には見頃になると思います。
見頃は、今月一杯でしょうか、連休中には葉桜になってしまうかもしれませんが、3~4日で満開になると思うのでこの連休中は桜並木のある道路は終日大渋滞が起こってしまいます。日中は、こんな田舎道になぜ渋滞が、と思う位7~8キロのノロノロ渋滞が続きます。
農繁期の日中には絶対通ってはいけない時期です。かなりの遠回りでも別の道路を通った方が早いのです。この時期は諦めて遠回りしています。

 わが家は、種蒔きが終わりこれから圃場に出て肥料散布や田圃を耕す耕起作業、圃場を平らにする代かき作業、と田植えが終わる5月末まで農繁期が続きます。作業事故に気を付けながら頑張ります。
私は既にお疲れモードに突入です。注意力散漫にならないように作業を進めて行きたいと思っています。後1ケ月半が今年の勝負どころです。
気合を入れて頑張りましょう。

平成26年 4月 24日(木) 長井 一也

 今日の大潟村、晴れ!最高気温も昨日に比べプラス5℃の約16℃。菜の花ロードのサクラは、ゆっくりと咲き始めてますが、サクラ前線は県北の大館市まですすんだようです。
 さて、数日前にわずかな雨が降ったきり。地元紙には「県内の山菜 好天続きで生育順調」なる見出しが。村の田んぼも乾いています。これから元肥えの散布を予定していますが、数年ぶりにトラクターでの作業ができそうです。
 写真はそのトラクターです。台帳を見ないとはっきりしませんが、おそらく40年選手!錆だらけですがまだまだ現役です!!
 ただ、自分との相性は・・・ペダルと椅子との位置関係が微妙でちょっと心配です。 

平成26年 4月 23日(水) 大川 澄雄

金色の瑞々しい発芽です

 先日、17日より仙台の息子が馳せ参じてくれまして、手伝いの人、家族全員でえっちらこっちら手動式でハウスに並べ苦労しながら播種致しました「きぬのはだ」と「あきたこまち」、気温はさほど上がりませんが、晴天の恵みを享けまして、何時もの時間より早くシルバーシートの覆いを除去致しました。まさに金色のちっちゃな瑞々しい可愛い芽が揃って発芽致しました。本当に「ほっ」とする瞬間です。

 今年は好天に恵まれまして、田圃も例年になく乾き、この種蒔き前に肥料散布、耕起を終える事が出来ました。入植45年以来初めてでございました。こうなりますと余裕かな~と思いますが、現実はなかなかそうはいきません。色々仕事が出てくるものでございます。でも精神的にはゆとりがありまして、有難く思っております。

 ですが、生まれ持った性、早く目が覚めてしまいまして、朝も暗いうちに起きて仕事に向かっております。でも今年初め手術致しました「人口膝関節」も上手く機能してくれてその精もあるのでしょうか、本当に助かっております。