平成26年 2月 28日(金) 早津 一仁

あっという間に・・・!

 みなさま如何お過ごしでしょうか?
ここ最近の温かさに一気に雪解けが進んでおります。あれ程に寒くて、全国的な大雪だったのが嘘のように『近づく春』を感じております。

 私どもの玄関先の通りの様子なんです。道路脇の雪寄せされた雪の山は、まだまだ1m近くありますが、クルマの生きかう通りは完璧にアスファルトが姿を現しました。でも残念ながら、田んぼの小屋まではもうしばらく行けないのかな・・・?

 ソチでの冬季オリンピックが無事終わりましたね。でも今度はパラリンピックを楽しみに応援したいと思っています。なんと明日は、もう弥生3月に入ります。この晴れ模様にちょっと気分はそわそわしてきますね。

平成26年 2月 27日(木) 長井 一也

 今日の大潟村、朝から爽やかな青空です。予報によれば気温も10℃まで上がるとか。写真は、村にある村民体育館周辺の様子です。小さな氷の粒がきらきらと光る様子を見ると、今朝の最低気温が氷点下8℃だったというのもまんざらではなかったんだなと。
 さて、先日「寝台特急あけぼの」に関する一言が・・・。今年の冬、何度か乗る機会があり、つい先日も。夜間走る区間ではないため、特急券で空いてる席(寝台!?)に座るのですが、平日にもかかわらず、空いてるボックスがなく合い席でした。カメラを抱え車内を歩く人が多く、廃止が決まった影響なのかと勝手に想像しておりました。
 気がつけば2月も残すところ一日。寝台列車で旅行に行く訳にもいきませんが、所用が立て込んでる反動で、もう少し羽根を伸ばしていたい、なんて思う今日この頃です。

平成26年 2月 26日(水) 大川 史郎

 最近、テレビなどで耳にしたのですが、若い女性の間に空前の“和”ブームが来ているとのこと。うーん。ブームっていうのもなぁ…って思ってしまいますが
(※あくまで個人の感想です)

 和食の“無形文化遺産“登録のこともしかり、日本の文化が見直されてきているというのはいいことだなと。和柄や着物などが流っているとのことみたいなのですが、着物は通常の絹織物だと高価でクリーニングも大変でなかなか手がだせないらしいのですが、近頃はポリエステルの生地を使ったものがあるらしく、安価でクリーニングもしやすく普段からも気軽に着れるのがうけているみたいです。これは良く考えたなと関心しました。
 ただ、若い女性には”パンケーキ”の特集が相変わらず人気のようで…食事情のほうは”空前の和ブーム“どこへやら!と(苦笑)。

平成26年 2月 25日(火) 清野 道義

先日、短大の同級会に行って来ました。

 この、土日にかけて短大の同級会に北海道に行って来ました。
短大卒業後初めてのクラス会で、34年振りに同級生に会って来ました。
さすがに34年の月日は、長いです。顔は、当時の面影を残したまま歳を取った感じだったので、顔を見ると懐かしく思うのですがなかなか名前が出てこないのには困ってしまいました。
宴会は、午後6時から始まり、次の日の朝4時頃まで頑張りました。
さすがに最後は、ホテルの一室に集まりベッドの上での小宴会でした。
昔の宴会のメインは、日本酒だったので次の日は、超二日酔いで死んでいたのですが、今は、メインが焼酎に変わっているので同じ二日酔いでも大分楽な二日酔いでした。飲む量も減ったし・・・・。
来年も再開しようと約束して解散したのですが本当に毎年続いて行って欲しいものです。

平成26年 2月 24日(月) 長井 一彦

三寒四温

ソチオリンピックも心配する事なく無事に閉会式を終えました。日本選手団も頑張って私たちに感動を与えてくれました。10代から40代からのメダルを手にした選手達、夢を持ち続けて燃えつきるまでこれからも頑張って欲しいものです。さらにパラリンピックにも頑張れ、そして2020年、夏の東京オリンピックにも期待したいものです。
 国内では山形冬季国体が激しい戦いを繰り返し、頑張っておる様子が新聞でも報道されております。秋田県勢もさすが雪国育ち、誇らしげな姿が頼もしくみえます。
 ようやく日一日春の到来を告げるような穏やかな日と、渡り鳥の飛来が目につきます。