平成25年 8月 30日(金) 大川 史郎

準備進行中

 異常気象ばかりの印象が残った8月も終わろうとしています。
 ホントに今月は『記録的』という単語が日本だけでなく世界でも多く見られたそんな月だった気がします。
 
 9月という響きを耳にするとさすがに稲刈り一色の雰囲気に・・・
今年は入院というアクシデントもあって仕事がなかなか、はかどらずで、やっておきたかった作業も後回しにさっさと稲刈りの準備に入りました(泣)
 
 気掛かりなのは、圃場の稲。ここ最近の天候の悪さで、稲刈りまでせめて倒れなければと淡い期待を抱くも、段々斜めに・・・
 まぁ、そんなに世の中甘くないってことで(苦笑)

 穂がもう重いのかな?うん重いんだな。ということにしときます(苦笑)。

平成25年 8月 29日(木) 早津 一仁

秋の風が吹いてます・・・!

 果たして今日の日中の最高気温は、どの程度まで上がったのでしょうか?すっかり秋の気配のする、涼しい風が吹き始めて来ました。そんなそよ風に、大潟村自慢の「マグナス風車」がゆ~っくりとジワジワと、いい仕事していました。

 やっぱり「年のせい・・・?」で、毎朝4時半から5時の間に目が覚めてしまいます。新聞を読みながらホット・コーヒーを呑んで、さ~て、田んぼをひと回りして来ますか。いつものように半袖Tシャツで出掛けたんですが、寒い位で車の窓ガラスは開けられず、田んぼに着くなり長袖のつなぎに着替える有様でした。それだけ今朝は冷え込んだ訳ですが、ちょっと油断してしまえば「風邪引き」さんになってしまいますね。

 この気温の日較差が稲穂の登熟には重要な条件ですので、気持ち的には嬉しい天気なんです。でも、「田んぼの乾き」にはもうちょっと残暑が欲しいかな? わがまま云ってますが、あとは大きな台風の大接近のないことを、ただただ祈るばかりなんです。(私事また歳が一つ、今日増えてしまいました。アラ・フィフ近しなんです。)

平成25年 8月 28日(水) 長井 一也

秋晴れ!?

 今日の大潟村、昨夜の雷を伴うどしゃ降りが止んでからというもの、落ち着きを取り戻し晴天です。気温も約26℃、真夏の暑さは鳴りを潜め、暦同様、秋が始まってるかのようです。
 写真は、あきたこまちの圃場です。順調に登熟期に入っていると思いますが、県の発表によれば、県内の斑点米カメムシ類のすくい取り数、発生地点率が過去10年間で最も高いとか。そのまま大潟村に当てはまるわけではありませんが、注視していきたいと思います。
・・・なんて思っている間に、天気図は秋雨前線に変わり、台風15号が発生しました。芳しくない予想進路ですが、前線を刺激することなく治まってくれることを期待してます。

平成25年 8月 27日(火) 大川 史郎

夏、おわる?

8月も終わろうかというのにまだまだ暑いです。日中なんかはまだ真夏の感じがしてます。
 しかし、さすがに東北。ここ数日、夜は気温も下がり涼しく感じる日がでてきて、寝苦しさから少し解放されつつあります。だんだん夏の終わりを感じはじめたりも
して感傷的に・・・

 って秋田は今月上旬に梅雨明け宣言をしたばかりなんですけどね(苦笑)
まぁ、また暑さがぶりかえすんでしょうが・・・
 
 ただ、去年のこの時期に比べたら昼夜の寒暖差が今年はちゃんとあるので稲の熟成期には助かります。
 欲をいえばこのまま悪天候で倒れることなく刈り取りまでいけたらうれしいなってさすがに欲出し過ぎか(苦笑)

 先週のことですが、特別栽培農産物の検査があり農業公社の方を各家々のほ場へ案内してきました。検査自体はスムーズに終えることができホッとしています。

平成25年 8月 26日(月) 清野 道義

虹が綺麗でした。

 昨日、お昼過ぎからゲリラ豪雨が発生した後の写真です。
一気に黒雲が広がったと思ったら勢い良く雨が降り始め1時間ほどで治まったのですがその1時間後はこんな天気になりました。
その時に綺麗な虹が現れたので慌てて写真を撮ってみました。
少し斜めになっているのはご愛嬌と云う事でお許し下さい。
今のところ稲も順調のようです。この後台風が来なければ良いのですが・・・・・。
頭が重くなって来てからの台風はかなり厳しい物があります。
今年はまだ1つも来ていないのでこれからですね
台風は、来ない事を祈っています。