平成25年 3月 29日(金) 清野 道義

春作業が一気に始まりてんやわんやです。

今年は、娘が高校に進学し、下宿するための準備や引っ越しなどで思うように農作業が進みません。
それに加えて横断菅(幹線排水路が幹線道路を横切るための直径2メートルの排水管)の布施換え工事が始まり、大型車が荷物満載での迂廻路の走行が出来ない為、直接田んぼに有機肥料を運びこむ事が出来ず、一旦会社にに肥料を降ろしてもらいそれを今度は小さいトラックで往復搬送する事となり一袋500kgのフレコン32本を2日間かけて運んだりと、余計な仕事も出来てしまい、思うように仕事が進みません。
それでも、この所天気が安定していたので必要以上に時間が掛る事も無く余計な仕事の方は一段落しました。
明日からようやくじっくりと農作業に没頭できそうです。仕事の遅れが気に掛かりますが何とか作業予定の遅れを序序に取り戻して行きたいと思っています。

平成25年 3月 28日(木) 長井 一彦

春作業始まりました。

 バカ苗病など防ぐための保菌種子を60度の高温による温湯消毒を一日半かかり終えました。
ほろ酔い気分で脳を柔らげる、熱い湯に入り酔いを醒ますなんて勝手に解釈しておりますが、
種籾のように60度の高温で雑菌を払うなんて我が身は都合良く出来ていません。
時々「ほどほどにしなさい」と言われるのが身に応えます。

 さて本題に入りますが格納庫には有機肥料が山のように入り、育苗土が入り下準備は整いました。
そして春一番の風が通り過ぎたら育苗ハウスのビニールを張り、均平整地し種蒔きに入ります。
わが家では4月15日頃からの種蒔きを予定しております。

 種蒔き前に暗渠作業も3~4日やりたいと思っておりますが、果たしてやり遂げるかは頑張り次第。

平成25年 3月 27日(水) 大川 澄雄

写真撮影・・・・

 今年一番の超快晴、この日を逃すまいと当社のホームページ担当の佐藤さんが写真撮りと記事収集に訪れました。こまちの里の玄関には大川一人を除いてユニホーム姿の皆が、歳がいも無く緊張した面持ちで写っておりました。そこをすかさず「今日の一言」に拝借しようと私目、素早く離れて「はいパチリ・・・・」。皆、久しぶりの穏やかさで、あまりにも天候が良かったのか太陽に負けてとても眩しそうな面持ちでありました。年老いた初々しいホームページが出来上がるものと期待しておりますがあ・・・・。

 今日の快晴は仕事を早めそうでして、周辺の作業状況を見渡しながら居ても経ってもいられない心境でございます。意地悪を申しますと、自分が仕事出来ない日には「雨だったらいいな~」な~んて、自分勝手な大川でございました、こんなずるい気持を持っておりますと、きっと仕事をやろうと思った日には雨となる事でございましょう。きっと天罰でございますね。良い歳をして恥ずかしいですね・・・・。

 でも、もううかうかしてはいられません。そこここにハウスビニールが掛って参りました。「よ~し、明日からがんばるぞ~・・・・」と息込んでいる大川でございますが、果たして上手くいきますか、老体に鞭打って頑張りますんね。

平成25年 3月 26日(火) 早津 一仁

早春の日本海・・・

 あれ程たくさん積っていました「雪の山」が、一気に解けだしてくれています。田んぼもほぼ全面的に姿を現してくれましたが、畦の外の排水路端はまだまだ残雪の山でした。私たちのように、村の中心部より約10km以上も離れていますと、田んぼの農道際に農舎を建ててあります。その脇には育苗用のビニールハウスを建てているんですが、まだまだ50cm以上の残雪が残っていまして、雪消し用に「くん炭」を撒いたりして雪解けを待っています。

 そんな忙しくなってきた我々の身体に「エンジンが掛る。」状態なんですが、この時期が一番私たちの「頭の考えと、とっさの身体の反応が一致していない・・・。」複雑な季節の変わり目を実感しております。大潟村から最短の距離にあります「宮沢海岸」に、ちょっとドライブして来ました。真冬の荒々しい波とは一転しまして、どこか柔らかい穏やかな潮風が吹いていました。ここ日本海にも「春到来」なんですね。

 それこそ昨日は、『ふきのとう』の葉っぱを味噌汁に浮かべて味わってみました。そのほろ苦さと香りが、格別の美味でありました。お裾分け出来ないのが本当に辛いところなんですが・・・。
さて私どもの気分も一新しまして、「春・農作業モード」突入です。

平成25年 3月 25日(月) 長井 一也

ふきのとう

 今日の大潟村、弱めの風ですが一日吹き、冬と春の中間のような天気です。今夜、県内の一部の地域では雪になるとか・・・桜が満開となった首都圏とは違い、本格的な春の装いにはもう少しといったところでしょうか。

 写真は農道の法面にあった「ふきのとう」です。
 春を告げる山菜の一つ・・・(知らなかったのですが)フキの花の蕾らしいです。
 天ぷら、ふきのとう味噌など、ほろ苦さを楽しむものでしょうが、写真のものは蕾が開いてしまっており、食用には遅いようです。
 
 昨日、知人から『カールルイスなう』との知らせが。
 夕方の全国ニュースでも伝えられたのでご存じの方も多いかと思いますが、ルイスほか往年の名選手(陸上競技)が、石巻市で被災3県の中高生に直接指導したとか。それを見て来たとのこと。
 自分が中学の頃のメダリストですから、今の学生にはなじみがないかもしれません。でも、きっと動画検索なんかして、今でいうボルト級の凄さに感慨深くなっていることでしょう。彼らの中から将来のメダリストが誕生することを期待して。
 三陸ネタのついでに一つ報告を。シーズン終了間際の牡蠣、リゾットと、オーブンで香草パン粉焼きにしました。クリームソースのパスタもおすすめです。好きな牡蠣とはしばらくの間お別れですが、来年の冬は、現地の牡蠣小屋で焼き牡蠣いっぱい堪能できたらいいなと思います。
 村の中も軽トラやトラックなど往来が盛んになってきました。春作業も本格的に始まります。焼き牡蠣を楽しみに、この1年、ケガや事故のないよう仕事に励んで行きたいと思います。