平成24年 9月 28日(金) 長井 一彦

お待たせ致しました。新米発送です。

 お待たせいたしました、皆様にお待ちいただいた「あきたこまち」を本日より発送させて頂きます。
お申し込み順からの発送ですのでご了承願います。
暑い熱い日々を過ごした「あきたこまち」も、たくさんの日差しを受けて本来の品質を発揮できるまでの仕上がりと思います。

 また刈り取りも順調に推移しておりますが、お天気に恵まれた賜物でしょうか。嬉しい限りです。
今日は台風18号の影響でしょうか? 東寄りからの強めの風が吹き荒れております。
少し気になるのが台風17号、東北地方も縦断されたら大きな被害を被るやもしれません。何とかしてほしいものです。
思いは「避けて欲しい、何とか上陸はしないで・・・」と願うだけです。

平成24年 9月 27日(木) 早津 一仁

北の空にも・・・

 素晴らしい『稲刈り日和』ですね。朝晩の冷え込みが増してきた分だけ、日中の暖かさが身に沁みて嬉しく感じ始めています。こんな気温の変化が、本来の秋・到来なんだな~と実感しています。

 「味覚の秋」がどうやらわが家にも訪れていました。獲れたての栗や梨に葡萄など、そしてサンマの塩焼きも夕飯時に頂きました。ただ、これだけ残暑が厳し過ぎたために、どうも「きのこ」の類はイマイチ品薄だったり小粒だったりと、豊作とはいえず残念のようです。わが家では皆、きのこには目がない為に大きな楽しみが一つ減ってしまったような感じなんです。

 わが家の稲刈りも、とりあえず順調に進んでいます。まあ、「とりあえず・・・」の意味はといいますと、まだまだ毎日のように「トラブル発生」でして、色んな意味での本格化は明日辺りからでしょうか・・・?
 15年選手のコンバイン、27年選手の2トン・ダンプ、そして乾燥機や籾摺機もそれぞれに20年近くになってしまいました。まだまだ「元気一杯・・・」と思っていますが、確実に金属疲労や年数による劣化や消耗は隠しきれません。大切に労わりながら、この秋を乗り切ってくれる事を切に願う所です。

平成24年 9月 26日(水) 清野 道義

稲刈り

 わが家もいよいよ稲刈りが本格的に始まりました。
とは言っても、まだ一日ちょっとしか稲刈りをしていないのですが今の所はトラブルはありません。
わが家の稲刈りは乾燥・調整まで、電気の通っていない田んぼの作業場で行います。電源は出力30kwの発電機で全ての作業をこなします。乾燥機から籾摺り調整までです。家から田んぼまで14km位離れているので、乾燥機が動いている間は田んぼに単身赴任です。夜、一人、田んぼの真ん中にポツンと居るのは寂しいと言うより不気味な感じがします。遠くにしか街の灯りが見えない所なので、天気の良い夜の星空はそれはそれは感動ものなのです。この時だけは星空一人占めと言った所です。写真に撮りたいのですが、良いカメラが無いのでごめんなさい・・・です。
機会があったら挑戦してみようかなと思っていますが・・・・・期待しないで下さいね。悪しからず。

平成24年 9月 25日(火) 長井 一彦

秋の味覚

 皆様に「あきたこまち」をお届けしたく、気持が高ぶっているさなかに実家から電話がとどきました。
施設にお世話になって7年目、母の容態がおもわしくない知らせでした。熊本の姉にも連絡し急きょ飛んで行って
見たものの、病院の早い処置のお陰でしょうか、3日後には回復をみせて私どもを安心させてくれました。
 孫達からひ孫まで励ましの声が届いたのでしょうか、なんて皆での笑い話。安堵させられました。
 
 親戚から友達から秋の味覚がわが家にも届き、毎朝起きると口に入れるのがブドウ、寝る前に口にするのが梨。
サトイモのなつかしい味が何とも言えません。今年の味はちょっと粋な味でしょうか・・・。お天道様のおかげですね。
さて、「新米・あきたこまち」の味がどんな味なのか、皆様からのご感想を楽しみにし、怖さも半分。
あと4~5日程お待ち下さいませ。お申し込み順より発送させて頂きたいとおもいます。

平成24年 9月 24日(月) 大川 澄雄

待望の刈り取りが始まりました

 待ちにまった稲刈り、去る17日より「あきたこまち」の刈り取りが始まりました。コンバインの音も爽やかに、跡取り息子が刈り取って行きます。農家にとりましては刈取り作業は心からの感謝と喜びでございましす。今日から20日間ぐらいかかりますが、事故のないよう慎重に楽しく出発でございます。

 今年は残暑厳しい大変な日々でございました。秋田におきましても9月中旬になりまして、その日の日本の最高気温を記録した事もありました。しかも雨が無いと言う作物の生育には大変過酷な日々でございましたが、ここ大潟村に関しましては干拓地の回りに、かの八郎潟の名残であります3000ヘクタールの残存湖がございまして、水だけはとても豊富にある、本当に幸せなことであります。

 この干害にも水だけは心配いらない、本当に有難い事でございまし、恵まれた事に感謝しながら刈取りに精を出して参りたいと存じます。今年は質も大変よろしいようでございます。 新米発送ももうすぐ、今しばらくお待ち下さいませ。