平成24年 2月 29日(水) 早津 一仁

嬉しそうな鶏さん達

 ひと冬の寒さから抜け出したような、春爛漫の予感のする素晴らしい日差しに恵まれました。そんな暖かさの中、鶏小屋に入ってみました。わが家では、鶏の「餌やり」担当はもっぱらお袋に任せていますので、恥ずかしながら私は毎日のようには、鶏小屋に通っていない訳で・・・。「ニワトリさん達、ごめんなさい。」

 今日の日中は、最高気温も10℃近くまで上がったのではないでしょうか! こうなると鶏さん達も、嬉しそうに飛び跳ねております。お昼前に入りましたので、今朝の生みたての卵はお袋が回収したんでしょうが、わずかに一個だけですが貴重な卵を見つけました。やはり敏感なもので、寒波到来の頃は全然生まなくなっていました。この陽気に彼女たちの産卵成績もアップすることでしょう。感謝・感謝ですね。

 先週末は、日頃からお世話になっています「有機農産物の登録認定機関」の年度末における理事会・総会に出席するために、上京して来ました。有機農業の大先輩方の話では、今年の関東地方の「梅の開花」が大幅に遅れているそうなんです。例年の今頃になると、必ずどこかの庭先で見事な花に出会えるんですが? ということは、「桜の開花」にもかなりの影響が出てしまうんでしょうか?
春の到来を待ちわびて、日本特有の本来の「四季」であることを、切に願うところですなんですが・・・。

平成24年 2月 28日(火) 長井 一彦

 少し穏やかなお天気です。気温が上がらず寒い陽気の一日です。

 まだ忘れる事の出来ない昨年の3月11日東日本大震災、翌日の12日に会合の席を設けて一杯の予定でした。
あの津波による被害を見て思わず絶句、秋田でも停電、余震と大変な日々を過ごす事となるのでしたが、
早い復興を願うしかないと思いつつ、あれから一年近くになりました。
先日2年振りに旧友と会う機会を計画しました所、多数の方が参加して悲惨な出来事を思い出しながらの一杯飲みでした。
 
 春も確実に近づいております。暖かくなる日は少し遅くなるのでしょうが3月に入りましたら、気を切り替えて
春の作業に向かいたいと思っております。

平成24年 2月 27日(月) 清野 道義

 明日から3連チャンの飲み会があります。
明日は、高校バレー部のOG会、明後日はわが社の棚卸の慰労会、そして3月1日は高校の卒業式・・・
の後のバレー部で催す「3年生を送る会」の送られる側での参加で、なんと3日間続く予定です。
今の所、雪が多くて田んぼに行ける状態で無いので、気持に余裕を持って
飲み会に参加できます。身体はきついかも・・・・・。

 昨日、四輪駆動のトラックで田んぼに向かったのですが、
幹線道路からわき道に入り、わずか300mで雪の中でトラックがスタックしてしまい
田んぼに行くのを断念せざる負えませんでした。
わが家の田んぼは、わき道に入ってから3Km程走らないと行けないので、
今度は、村に除雪を要請するか、解けるのを待つしか無いような状態です。

 2週間もすれば春作業に突入予定なのですが、今年はどうなる事やら・・・・・・。

平成24年 2月 24日(金) 太田 稔

連チャン?

 相変わらず今日も雪が舞ってます。巷では春のイベントの桜の開花予想なんて報道されてますが、こちら秋田では遥か先の事のように聞えてしまいます。更にこちらもイベントであるスギ花粉情報とかも流れてますが、嬉しい事に?今年は平年の半分以下とか…まあ、私ども杉林に囲まれてるような地域の人間にとっては、どーでもいい事ですけど、花粉症で毎年苦しんでる人達には嬉しい限りの朗報なんでしょうね。

 さて、十数年振りにかかった私のインフルですけど、今流行りの特効薬により、見事に完治!…と、思いきや今度は普通の風邪をひいてしまったようで、籍が…いや、咳が抜けません。まるで連チャンモードに入ったみたいで、今後が怖い今日、この頃です。
 
 でも、今年の冬は厳しかったですね~(過去形になってますけど)ここ大潟村は暖流の流れる日本海に程近く、まして平らで背中に山を背負っている訳ではないので、それ程雪に悩まされる事は少ないんですけど、今年に限っては苦労しました。まず雪かきの回数がハンパ無く、ほぼ毎日の日課となってましたし、大潟村を囲う湖(残存湖)の、氷の厚い事!通常なら大工の使うノミのお化けみたいな物で穴を開けてますが、今年に限っては専用ドリルでないと、それこそ「刃」が立たない状況でした。
 画像は今年の初冬に買い足した「雪寄せスコップ」ですが、判ってもらえますでしょ?今年の過酷さが。

 何度も書きますが、この厳冬の原因は南米沖の「ラニーニャ」の影響だから…との事。それってもしかして夏の猛暑を予想出来るって事な訳で、ここ数年、地球温暖化も影響してか、厳しい夏が続いてますが、例に漏れず今年も、それかい…。

平成24年 2月 23日(木) 大川 澄雄

ばっきゃ・・・・

 厳しい寒さとは言えど、確かに季節は動いているんですね。当社の前の昨年生えてた場所をスコップで雪を掘ってみましたらちゃんと蕗のとうが芽吹いて来ておりました。まだ硬い蕾ですが、てんぷらにしたら充分美味しく頂けそうです。ばっきゃ味噌も美味しいですねっ、苦味があって・・・。この蕗のとうは、「ばっきゃ」「ばっけ」「ふきのじい」「ふきのしゅうとめ」とも言うんだそうです。

 今日は今年2回目の雨ですが、その後はまたまた雪のマーク。なかなか春とは行かないものですね。今年は本当に寒い日が多く、昔からの言い伝えのように「冬寒ければ豊作になる」となれば良いのですが・・・・でもそれは欲、天災、事件のない平穏な日々であればそれでいいですね。

 さて、天候不順な昨今、風邪などお召しになりませんよう、どうかお身体にはくれぐれもご注意下さいませ。お健やかで在られますことを・・・・。