平成24年 1月 31日(火) 太田 稔

偏西風よ、姿勢を正せっ!

 相も変わらず今日も「猛吹雪」です。お陰で今朝、自宅まわりの雪かきでも遭難しかかりました?これ程までにヒドイ寒波が続きますと、そろそろ寒さも緩むのか…と、思いきや、今週末にかけて、更にこの冬一番の寒気が舞い降りて来るそうです。これって新手のイジメ?としか思えません。ラニーニャだか偏西風の蛇行だか知りませんが、何卒ご慈悲を賜りたいと、切に願う北国の住人です。
 雪寄せをしても、そろそろ高さの限界に近く、これ以上積もれば、重機や車を使っての大掛かりな雪投げ作業となってしまいそうです。

 それでももうすぐ「節分」ですよね。季節の節目という事で今後の穏やかな天候を、切に願う者です。
 ところで最近節分といえば付き物なのが「恵方巻き」ですよね。どうやら仕掛け人はコンビニらしいですけど、関西の一部でしか行われていなかったこんな慣習が、今や全国区ですもんね。コンビニ最強!
 ちなみに今年の方角は「北北西」との事です。皆さん北北西を向いて無言で海苔巻きを、ほうばりましょう。さすれば願いが叶う事でしょう。

 でも、最近では恵方巻きに負けじと、手巻き寿司に始まり、焼き肉・唐揚げ・エビフライ・スイーツにクレープにお菓子類。もはや巻いて有れば何でもOK牧場らしい?。私ですか?私はせいぜい舌でも巻いてみます。

平成24年 1月 30日(月) 清野 道義

 毎日、雪が降り続く毎日を送っています。
この土日も天気が悪く猫の目のように変わる一日でした。
基本は、雪なのですが時々太陽が顔を出してくれました。
風が強く雲の流れが速いので太陽が出たと思ったら
数分後には前が見えない程の猛吹雪に変わります。
車を運転している時は道路が見えなくなり自分がどこを走っているのか
分からなくなってしまいます。
こわいですね~~

 この土日は娘の後輩達バレー部の秋田県新人大会があり
2日間応援に行って来ました。
残念ながら優勝を逃してしまったのですが
来月開催される東北大会では、是非ともリベンジを果たしてほしいと
願っています。
頑張れ、後輩達・・・・・。

平成24年 1月 27日(金) 長井 一彦

寒くて吹き荒れる日がつづきます。

 先日は男鹿半島の門前という所まで暫らくぶりに行ってみる事が出来ました。
吹雪としぶきで荒れる日本海そのものはどんよりした重い雲に合う冬の風物詩です。人一人すれ違う
事無く聞える波風の音さえも寂しく聞こえます。
 夏には遊覧船で半島の景観を途切れることなく訪れる旅の人も、接客に忙しい宿も今は静寂なだけ。
会議を終えて懇親会での料理も魚を主に豊富な事、とても食べきれるものではなく焼き魚をおみやげに
持ち帰り、あたたかく迎えてもてなしてくれた話しを女房に聞かせたら連れて行ってと言う。
さてどうしたらよいものやら。
 せめて2~3日湯治にでも行けたら良いのですがどうしたらよいものやら。

平成24年 1月 26日(木) 大川 澄雄

この冬、最高の快晴

 実は1週間前の今年一番の快晴の映像です。裏日本はなかなかこんな晴天は滅多にありません。夜は誠に綺麗な星空なんですね。そんな日は当然放射冷却の現象になりまして早朝の気温が-12度でございました。外にでたら鼻がちゅんとくっ付いて思わず身が引き締まる感じが致しました。

 外はまさに蒼天、そんな中に樹氷がとても鮮やかで、風ひとつだに無く、北海道の内陸の天候にそっくりでは(見た事ありませんが・・・)と思って眺めておりました。 こんな早朝快晴の日は、よくにわかに曇って来て雪になる「朝照らし婿泣かせ・・・」と言う諺になるのですが、そんな予想も何処へやら、2日間も続いてしまいました。

 ついでに「婿泣かせ・・・」の諺の事ですが、これは東北地方だけに伝わる言葉ではないと思いますが、なぜ朝晴天の後にわかに雪が降り出し婿泣かせになってしまうのか、大分考えてみましたが、婿さんがせっかく早朝から頑張っているのに予想に反して悪天候になってしまった。婿さんには気の毒だ、と言う事でしょうか。婿さんをからかうような言い方でなければ良いのですが。今そんな事言ったら婿さんから怒られてしまうでしょうね。
そう言いますと、こんな晴天後、雪になる日は確かに裏日本は多いと思います。独特なんですね。

平成24年 1月 25日(水) 早津 一仁

朝日に映えて・・・

 どうやら全国的な大寒波到来のようですね! なんと東京都内でも一気に積もるやら、朝晩の冷え込みで道路はアイスバーンになるやら、車は勿論の事、人間も自転車も完璧に「すってんコロりん・・・」なんですね!

 あるスキー場関係者が、「東京に降らなくてもいいから、その分こっちに降れば良いんだけど・・・。」と言ってました。東北各地の積雪情報を見ても、特に岩手県盛岡エリア・岩手山周辺が少ないようです。軒並み「1m以下」では、この時期にしては少な過ぎなんです。

 画像は、夜中に降った雪が「マイナス20℃」近くまで一気に冷え込んでしまった朝の、日の出であります。ここ大潟村では、平野部ですので一冬でもそう何度もない冷え込みです。さすがに寝てても何処となく寒くて、つい起き上がってしまいました。ここ大潟小学校の児童たちでは、「インフルエンザ」が大流行してしまい、学校閉鎖にもなりました。寒さ本番です。体調管理は万全に・・・。