平成23年 8月 31日(水) 大川 澄雄

イナゴンまたまた出現・・・・・。

 オイ、ゲンキカ、コトシハオイシイイネノハヲ タラフクタベサセテクレテ・・・・サンンキュウ。コトシハトクベツオイシカッタゾ  コノブンダト キットオイシイアキタコマチガ デキアガルコトウケアイ ヤッタネ」
とイナゴン弁で手を上げてピースしてました。

 稲の葉を食われたのはしゃくですが、どうせ、長くは生きないだろうと思って、イナゴン弁で「オツカレサン イナゴンノオウエンノオカゲデ コトシモオイシイ アキタコマチガデキソウダ アリガトウ ナガイキシロヨ」とやさしく言ってやりました。

 皆さま、なんで止っているのか不思議でしょう。これは田んぼの間にあります農道を走っておりましたら、軽自動車のウインドウガラスにどこから飛んで来たのか、ピタッと止って私を見ていたのでありました。昨年もこうして止ってくれたのですが、走っているまに止るとは敵もやるものです。よほどおんぼろ軽で止ったように見えたせいかも知れません。いずれにしましても長閑な爽やかなイナゴ君でした。 

平成23年 8月 30日(火) 早津 一仁

一輪の花が・・・雑草魂ですね。

 ちょっとお見苦しいんですが、わが家の玄関先の道路脇に、じっとガマン強くも独り元気に咲き誇ってくれていました。排水路のU字溝と花壇に石を積んだその隙間から、元気一杯に育ってくれています。

 U字溝の乾いた跡を見て頂ければわかりますが、ついこの間までの雨模様の間に流れ溜まっていたラインがあります。最近の猛暑・残暑で一気に乾いてくれましたが、どうやら台風12号の接近が気に掛かる昨今です。まずは、「関東を目掛けて、そのまま北上・・・。」なんて事態にならない事を、ただただ天に祈るばかりであります。

 秋田ではもうとっくに子供たちの学校は始まりました。関東地方以南の方々に於かれましても、まもなく始まりますね。心新たに新学期のスタートですね。
 9月になりますと、あちこちの伝統の秋祭りで賑わいを見せますね。「五穀豊穣」を願って、来たる収穫の秋を待ち望んでいたいと思います。

平成23年 8月 29日(月) 太田 稔

メリケン粉?

 相変わらず今日も暑いざんしょ!(残暑)。もうあの、ギンギラギンの暑い夏とは来年まで「おさらば」かと思いきや、日中はうだるような暑さで体がついて行けましぇん。わが家のバカ猫も廊下でひっくり返って「ゼェゼェ」言いながら寝てますし、庭のダンゴ虫は突いても微動だにしません(当然か)。いずれこの残暑は今回の台風一過までとは予想してますが、問題はこの台風の進路でして、進路予想からすると「強い勢力を保ちながら東北をかすめ、北上」とか…。これって、ヒジョーにまずい訳で、画像のように今年の稲の背丈は私に似ず、とぉっても長いんでして、強い風はご法度なんですネ。何とか予想が外れる事を、心よりお祈り致しております、ハイ。

 ところで世間では今、民主党の代表選挙とやらで賑わっております。現在(午後2時現在)決選投票が行われ、もうすぐ党首=総理大臣が決定するそうですが、何となく世間は無関心っぽく、興味も湧かないようですネ。だいたい総理大臣を決める党首選の選挙期間がたったの4日?…中学校の生徒会の選挙期間だって1週間はあるのに。時期が時期だけに…なんて言っても、やっぱしソバの増量剤(メリケン粉=つなぎ)な訳で、キアイが入らないのも当然といえばアタリマエなんであります。

 さて、稲もようやく色気付いて…いや、色付いて参りまして、収穫を指折り数えて待っております。まあこの分ですと「こまち娘」が皆さまの所へ嫁ぐ日も、あとひと月を切ったようです、どうぞもう少しお待ち下さいませ。

平成23年 8月 26日(金) 清野 道義

 台風、発生しました。
台風11号と12号が日本付近に発生しましたね。
12号は日本の関東付近を進路に取り、北上しているようです。
ここ数日天気が悪く雨が降ったりの天気でしたが、今日ようやく
太陽が顔を出してくれました。
久し振りの晴天に恵まれて、気温も平年並みに上がってくれたようです。
そして爽やかな秋風が疲れた身体を癒してくれます。・・・いい季節になってきました。

 一昨日中学校の夏休みが終わり、昨日「休み明けテスト」がありました。(末娘の事ですが・・)
今日、40度の熱を上げてしまい学校を休んでしまいました。
夏休み後半から夏休みの課題の追い込みと、テスト勉強であまり寝てなかったのに加え
クラブ活動で疲れが一気に出てしまったようです。
夏休み中に「早く課題を終わらせなさい。」と、口酸っぱく言って来たのに・・・・。
自業自得ですかね。

 私も子供の頃に、常に言われてきた事なので、娘に強く言聞かせられない自分も情けないです。

平成23年 8月 25日(木) 長井 一彦

 暑い夏がどこへ行ったやら・・・、そんな毎日です。
週末には還暦野球大潟招待試合が計画されておりますが、お天気は晴れマーク。年々参加チームの申し込みが
増えているのですが、二日間の日程で消化できないと言う事で14チームに限らせてやっております。
現代の還暦の連中ときましたら、大変若いのですね! 帽子を取れば少しは理解できる人もおりますが・・・。
胸を借りるつもりで一つでも勝ち進みたいものです。

 お盆で実家までお墓参りの時は倅とすれ違いでしたが、娘が仙台で倅と女房と三人で待ち合わせて、倅の案内で
市内周辺を視察見学してきました。ボランティアの気持ちだけでも手伝いたいと言うけれど、簡単に手伝えるものでない由。
まだまだ被災地の残骸などを見て、「地震と津波の恐ろしさを知った。」とか、「兄の生きていた事の軌跡と喜びを知った。」と
聞かせる娘の話しぶりに、ただ感心するばかりでした。家族皆が元気でいる事の感謝を噛みしめるのでした。
 被災地の皆さまにあらためてお見舞いを申し上げます。