平成22年 11月 30日(火) 清野 道義

 4日間で800km・・・・・・・
今回、高校バレーの新人大会地区予選が3日間あり
前泊から含め4日間100km離れた大会会場まで車で通いました。
幸いにも雪は殆んど降らなかったので順調に走る事が出来たのですが雪の代わりに雨が降っていたので
ドライバーとしては結構疲れました。
この大会で全県大会の出場権は手に入れたのですが強豪校ひしめく中央地区なので
上位に食い込む事が出来ずちょっと残念でした。
大会まで2ヶ月半あるのでそれまでにどれだけ力を付けるかが課題です。
現在、リベロを含めたスターティングメンバー7人中5人がまだ一年生なので伸び代はあると思います。
全県大会のファイナル目指して頑張って欲しいものです。

平成22年 11月 29日(月) 早津 一仁

降って来ましたよ・・・!

 先週末から暴風波浪警報が発令されてみたり、結構大荒れな日が続いてます。夜、寝静まってからの物凄い雷音は、わが家全員を起こしてしまいました。そして、私だけが結局目がさえてしまいまして、何だか深夜のスポーツ番組を久しぶりに見てしまいました。お陰で「NBAのバスケットボール」を見たり、中国・広州でのアジア大会のハイライトなどを見る事が出来ました。(これもラッキーかなと思っています。)今日は時々雪が降り始めました。

 前回に引き続き「真夏を惜しんで・・・?」なんてことは、さらさら思ってはいないんですが、ちょっとだけわが家の玄関先に目を向けてみました。まだまだ何種類かは綺麗な花を咲かせてくれていました。手入れのほとんどをお袋に任せてしまっていますので、私の自慢話では全然ありませんので悪しからず・・・なんです。

 娘たちが海から拾ってきた貝殻と、私たちがバーベキューでご馳走になった貝と、女房がみそ汁に入れてくれて良い味出してくれた貝なんかの「貝殻」を、いつの日からか並べてみました。まあ娘たちからはしっかり、「どうせまた、お父さんが並べたんでしょ・・・」と言われてしまっています。特別な思い入れは無いんですが、簡単に捨ててしまうのがちょっと勿体ないような気がしたものですから・・・。さてさて、いつまでこの状態でいれるか? きっと風に飛ばされて無くなってしまうかも知れませんが、ひと夏の想い出ばなしになれるかどうか・・・?

平成22年 11月 27日(土) 大川 澄雄

これは何の実?・・・・。

 はて?何の実かお判りでしょうか。この季節の寒い霜に遭いましと、とても甘~く、ぬるっとしたジャムのような美味しさを醸し出す実なんですが、小さくていくら食べても、お腹いっぱいなんぞにはなりません。南の地方ではあまり見慣れない樹木で、この木を植木としてとても珍重がられる木ではと思っております。

 そうです「一位」(いちい)と申しまして、名の由来は、とても材料に良くて一位の位にあてたとの事で、日本北部の深山に自生、15メートル程に生長するのだそうですが、成長は遅く、それ故に木目が詰まり大変良質の材質だそうです。別名、スダオノキ、アララギ、オンコ、紫松と言うんだそうです。

 その事を新聞で読んでおりましたら、とても面白い(失礼)記事がございました。それは・・・・・・。

     燃やしたゴキブリ逃げ回り作業場全焼?

 某新聞で拝見したのでありますが
・・・・しいたけ栽培の農家の作業場で、ゴキブリを駆除しようとアルコールをまいて火を付けたところ、ゴキブリが燃えたまま逃げ回り、鉄骨平屋のしいたけ栽培作業場500平方メートルを全焼した。調べによると、作業用の機械についていたゴキブリを駆除するために、ゴキブリの周辺にアルコールをかけて火を付けたところ、建物の断熱材の裏側などに逃げ込んだという。・・・・。

 ほんとに飛んだ災難でしたね。そこのご主人はさぞかし大変だったと思います。笑うに笑えない、あってないような災難でした。

平成22年 11月 26日(金) 長井 一彦

 昨日は暖かい風もない一日でしたが、今日からは雨と寒さが雪を降らせる予報になりそうです。
ハウス周りの暴風ネットをはずす仕事を、昨日やっておけばいいものをと悔やんでいるところです。まだ余裕と思っておりましたが
実は忘れていたのが本当でして、そこがオヤジの由縁でしょうか。
 我家でもエコポイントなる恩恵にあやかろうと、テレビを買い求めに家電販売店を開店時間に間に合わせ行ってみたら、
既に10人ばかり待機しておりました、案の定ほとんどがテレビを目指す皆さん。品切れ、生産が間に合わないので1~2カ月待ちとか!
 生産が間に合わないお話は、大手家電メーカーで発売されたご飯からパンが出来るパン焼き器、名付けて「ゴパン」。
炊飯の段階でイースト菌を入れるだけで、4時間ほどでパンが出来上がると言う画期的な発明だとか。
あきたこまちで造ればお米の特徴を生かしたパン、甘みのある香りの高い味を楽しめる事でしょう。
テレビや新聞などで報道されると同時に予約が殺到し、我が倅からも手に入らないかとメールが来るけど、すでに遅し・・・。
 ぜひ皆さんお願いです。明日からはお米でご飯とパンを食べて、健全な食生活を楽しんでほしいものとお願い致します。

平成22年 11月 25日(木) 太田 稔

天才!

 最近はめっきり寒くなりましたね。朝なんか車のフロントガラスが凍ってたり、外で遊ぶ猫の吐く息がまっ白!街路樹の広葉はすっかり落ち、風に揺れるすすきの穂が、如実に寒さを物語っています。

 こんな寒い日はやっぱし「鍋」か。秋田では定番のきりたんぽは勿論、よせ鍋やおでん、すき焼きにしゃぶしゃぶ・・・フーフーしながら皆で食べる「鍋」は、とっても元気が出ます。まして隣りに熱燗や焼酎のお湯割りなんかがあれば、それはもう極楽浄土、すぐに逝っちゃいます?
 とは言っても我が家では身の程知って、身の丈に合った生活を心掛けてますんで、鍋といっても「水炊き」くらいでしょうか。それでも、あったかい食べ物は身もココロも暖めてくれますネ。

 ところで画像は今日の「訪問者」。実は地元大潟村のJA花卉生産者の代表さん達です。いつもお花でお世話になってまして、今年もその事でお尋ね頂きました。植物という意味では「稲」も「花」も一緒ですが、作物と花卉では「欲」的に違い、片や食欲を満たすものか、片や心を癒すもの。でもこんな世知辛い世の中、大切なのはこの、花を愛でる心・・・のようなもんじゃあないかと思う訳でありんす。食卓に、野草の花一輪あるだけで、無機的な工場に植物のポトスひと鉢あるだけで、どれだけ心癒され、心和むものか。それだけ(自然の)環境に人間の感情は影響されるもんなんですネ。
 こんな事ばかり考えてる自分は、しみじみオヤジだな~と感じる今日この頃でアリマス。
 
 では、オヤジとかけまして・・・
インド人とときます。そのココロは・・・カレー(加齢)臭が抜けません。見え見えですか、では
オヤジとかけまして因数分解が不得意とときます。そのココロは・・・格好(カッコ())が付けれません。整ってないか。しからば
オヤジとかけまして・・・アインシュタインととく。そのココロは・・・どちらも天才(天災)の仲間です。(昔は地震・雷・火事・オヤジ・・・と言われたもんですけど、今じゃ3K=臭い・汚い・キモい?なんて云われますように、オヤジの威厳は失墜の一途を辿ってる訳で、世の中いらないモノの3本の指に入ってるとか)悲しい。