平成22年 10月 30日(土) 大川 澄雄

わが仲間、一躍スターに??・・・・・

 さて、長らくお待たせ致しました。一昨日、28日のハプニングの事でございますよ~。
どう言う事かと申しますと、それは「マタギの湯」に泊まった夜から始まったのでございます。美味しいどぶろくをたらふく飲んで部屋に戻る途中、いろりの付いた熊の敷き皮の上に車座になってなにやらロケの取材をやっていたのです。遠くから見ていて「ああ、何かマタギの事か、内陸線の旅番組やってるな」と話しつつ部屋に戻ってひっくり返って寝たのでありました。

 次の朝、角館に向かうため「阿仁マタギ駅」(ちっちゃな無人駅)で電車を待っていた時の事、何となんと夕べのロケの取材をやっていた俳優?やまざきさんと共に秋田某テレビの女子アナウンサーそして取材隊一行と一緒になってしまってんです。そして列車の中に・・・・・。

 ここからが話しの始まり~・・・・。その一行、車窓から外の紅葉を見ながら取材を始めたのですが、しばらくして、「一緒に付き合ってもらいませんか」と女子アナから要望がございまして、「ハイ、いいですよ」と・・・・。何と旅ですので、朝っぱらからその車内のテーブル(そう言う設備が)を囲んで私たちワンカップ、ビール、ジュースを勝手にやっていたのでありました。そこにその一行と合同、それからテレビの取材が始まったのです。

 私たちの仲間、女5人おもしろい人達がおりましたので、実にスムースに談笑ロケ、そして、次の駅で降りて行かれたのでありました。降りられた途端、「さー、スターになったぞ」「いや~、ついてたなあ」とその騒ぎ。とてもあり得ない思いでに巻き込まれたのでありました。とても素晴らしい記念です。

 実は、12月11日、12時よりAKT秋田テレビで放映されるんです「やった~」。皆様も是非見て下さいませ。でも、そこだけカットされているかも~・・・・・。まぼろしのスターになるかも・・・・・・・・。

平成22年 10月 29日(金) 太田 稔

デコイはドコヘ?

 今朝は久しぶりに抜けるような青空が広がる、こちら秋田でございます。とはいっても、九州・沖縄近辺には大型の台風14号が勢力を振るってまして、徐々北東に針路を取ってますので、油断は禁物ですね。先日の大雨で甚大な被害を被った奄美大島の皆様にとりましては、被害が無い事を、心よりお祈り致しております。

 さて、この今日の一言で、話題を探しておりましたら、とっても良い「ネタ」を発見!それは、大川会長へ渡してくれ・・・と、ある人が会社の玄関に置いて行った「ブツ」でして「わ~い、これで今日の一言は楽勝だもんネ~」と思ってましたら、ナント仕事をしている隙に?大川が家に持って帰ってしまったのでした。先に画像を撮っとくべきだった~って、悔やんでも後の祭りです。あぁ何てこった、神も仏もいないのか・・・そう、今は10月、みーんな出雲へお出掛けの、神無月なのでありました・・・。
 
 って事で、画像は先日撮っといた「暗渠」の画像です。つまんない?・・・すみません、み~んな大川が悪いんです。でも、この「暗渠」をやってるお蔭で、排水が良くなり、湖の底だったここ大潟村の田んぼも、重たい機械が入ってもぬかるんだりしなくなったんですヨ。干拓当時はそこらじゅうで機械が田んぼで身動き出来ずにもがいてたもんですが・・・。

 なんか話題もないのでこの辺で、なぞかけでもやってみますか。
では、身動き出来ない機械とかけまして、だるまさんと説く。そのココロは、手も足も出ない・・・普通?じゃあ、身動きできない機械とかけまして「料理の味付けが下手」と説きます。そのココロは、どちらも作業(サ行=砂糖・塩・酢・・・・・)が苦手・・・わけわかんない?しからば、身動き出来ない機械とかけまして、甘栗と説く。そのココロは、買わない方が(皮無い方が)良かった!・・・どーも調子が悪いのは大川さん、何故?
 

平成22年 10月 28日(木) 大川 澄雄

初雪です

 実は大潟村ではありません。昨日、趣味の会の友達と内陸線の旅に行って来まして、一泊して起きて見ましたら雪が積もっているではありませんか。「ううっ、さみ~い・・・・・」

 内陸線と申しますと、名称は「秋田内陸縦貫鉄道」と申しまして、秋田県北秋田市鷹巣から東北の小京都、角館を結ぶローカル線でございまして、特に秋の紅葉は格別、名勝地に来ると速度を落としながら進むと言う大変気の効いた応えられない人気の鉄道でございます。

途中、昔、猟で生計を立てておりました「マタギ」の集落がございまして、様々な狩りにまつわる伝説、山奥に木霊して流れ落ちる名漠の数々、そして有名な「熊牧場」そこに、これまた秘湯の打当温泉「マタギの湯」がこんこんと湧いておりまして、そこに泊まったわけでございます。

 名産の濁酒「どぶろく」をたらふく頂きまして、寒さもなんのその「うい~最高だすな、ハハハハ・・・」とお互い褒め合いながらひっくり返って寝たのですが、何となんと朝起きてみましたら雪が積もっているではありませんか。「な~るほど、たしかに山奥の温泉、すでに冬だすな」とぶるぶる震えながら、阿仁マタギ駅から角館に向かったのでありました。その途中の列車でのハプニング?面白い出来事?がございました。

 明後日また出番ですので、その時に書きますね。どうぞご期待下さいませ・・・・。

平成22年 10月 27日(水) 長井 一彦

寒波・・・

 例年より5日~7日も早く初雪がやって来ました。
鳥海山から八幡平、栗駒の山間地では紅葉を楽しんでいたドライバー達を思いつかない雪でビックリさせていたと
報じられておりました。青森の八甲田酢ヶ湯温泉では20センチもの積雪で走るのも大変な事でしょう。
 11月の半ばでは必ずのように一度は寒波がやって来るのですが、10月ではめずらしいのでしょう。
記憶の中では11月15日頃だったと思いますが、大潟村での生活を始めて間もなく、家財道具を準備しながら10日頃までは暖かい日々でしたが、
打って変わって地吹雪の日が続いたものでした。当時の車のラジエターの不凍液を慌てて交換したものでした。
改めて秋田での冬の恐ろしさを味わったのでした。
 木枯らし吹く時節柄ご自愛しお過ごし下さい。

平成22年 10月 26日(火) 早津 一仁

寒波の到来です。

 ついにやってきました。日本海上空には冬将軍がやって来ているようで、秋田県内軒並み昨日の最高気温より10℃以上も低い状態だそうです。長袖シャツも二枚三枚と重ね着をしています。外に出るときは、しっかり冬物のジャンバーが必要になりました。

 今朝からのニュースを見ていますと、北海道では各地で雪が降っていました。秋田県内といいますと、隣県との境にあります鳥海山や八幡平では、やはり雪化粧した映像がテレビにでていましたね。こうなりますと、ストーブが恋しい(いや必需品です。)限りでして、「猫もコタツで丸くなる・・・」気分になってきます。そうなると、灯油の宅配業者さんは大忙しの今日一日だと思います。

 さて、この寒さの中でちょっと気になって、わが家の「柿の木」を見に行きました。屋敷から農作業小屋の脇に移植してから4年目を迎えて、ようやく今年初めて実を付けてくれたんです。大事に大事に眺めてきていましたが、そろそろ、もぎ頃を迎えたのかと、鳥さん達に食べられる前にとか、強風やひょうなどにやられる前に、なんて思い始めています。本来は「甘柿」の品種ですので、今年の夏場の天候でどのような相性に成ったのか、こればっかりは食べれるまでの乞うご期待・・・と言ったところですね。