平成21年 3月 31日(火) 長井 一彦

 早いものでして、3月弥生の月も今日で終わりです。
明日からは、辞令を受け移動する人、新しく社会に出る人と世間は大変でしょうが、新しい年度には希望の持てる社会になってほしいものです。

 先日は、教員生活を停年された先生を「祝う会」がありまして、子供たちの同窓会となって賑やかに宴会も進み、先生からの最後の挨拶も、30分程の熱の込もった言葉にうるんだ表情に・・・。
一緒に戦った20年前の頃の思いが、一気に噴き出したのでしょうか! 「先生、監督冥利に尽きる人生だった。」と・・・。
 私どもも喜びを感じたものでした。余生は幼い子供たちに「バレーボール」を指導し、家庭菜園で野菜づくりに励み、家族での小旅行を楽しみたいとの事。
私たちや娘たちも三組程に分けて、三年に一回の親睦会をやる計画に賛同し、
二次会へと相成りました。

 わが家でも、雨・雨と雪の毎日でハウスにビニールをかけられず、仕事が遅れそうです。
明日からは冷たい空でも向かわなければなりません。「はい・・・!」

平成21年 3月 30日(月) 清野 道義

 あちこちで桜の開花宣言が出ている中、今日も秋田は雪の散らつく天気です。
雲の切れ間から時々顔を出す太陽の光が、いとおしく思われるこの頃です。
先週の1週間は、毎日雪もようの天気で、春作業をしたい我々農家は作業が進まず、少々焦り気味になってきています。

 明後日から4月に入ってしまいます。あと10日もすれば、種まきの予定ですが準備が間に合うか微妙になって来ました。もう、雪はいりません。太陽の光がほしいと、切に願っています。
 津波のように押し寄せてくる春の農作業は、作業時期に限度があるので、できる仕事は進めて行きたい所ですが・・・・・、今は天候が安定してほしいものです。

平成21年 3月 27日(金) 早津 一仁

「初めての名峰・富士山を眺めて・・・」

 大変申し訳ありませんが、先週末の連休を利用しまして、わが家では初めての「富士・箱根の旅」に出かけて来ました。あしからず、ご勘弁くださいませ。
 今回の企画は、女房のおじさんが茨城におりまして、その大変旅行好きなおじさん夫婦に強引に誘われる形で実現しました。わが家にとりましては、二人の娘たちの卒業記念みたいな素晴らしい家族旅行になりました。わが家のワゴン車での移動でしたので、今回の走行距離は2,000㌔を超えてしまいましたが、3泊4日の旅でしたので、ゆっくり・のんびり出来た有意義な時間でありました。娘たちにとっても大変思い出深いものになったようです。
 この時期にしては、こんなに見事な晴天に恵まれる「富士山」も珍しいそうです。一日だけ雨にたたかれましたが、大変ラッキーな撮影日和だったようです。

 さてさて私どもの春の農作業も、エンジン全開にスタートしております。お陰で私たちの身体は、連日の筋肉痛に悩まされる日々でして、毎朝のふとんから出るのが非常に辛いんです。いくら冬場に、それぞれの趣味や特技にいそしんでみても、やっぱり毎年のようにこの時期は筋肉痛の嵐なんですね・・・?
 まもなく4月を迎えますが、気分も一新して、新たな新年度のスタートですね。

平成21年 3月 26日(木) 太田 稔

なごり雪?

 ご覧のように今日も雪。まして朝から猛吹雪です。我が家で春、真っ先に咲く「クロッカス」も、「どないなってん、今年は~」なんてボヤキが聞こえてきそうです。それもこれも、季節外れの冬将軍、最後のあがきか・・・。どうやら今週いっぱい頑張るっ!との事、困ったもんだ。

 わが家の作業日誌の、昨年・一昨年の記録を見てみますと、3月25日頃といえば、暗渠作業・種子の漬種・育苗用土の確保・更にはハウスを張りを終え、本田の荒起こし作業までも終わっている。・・・のに対し、今年はというと、昨日やっと漬種作業をやってみた?だけでして、いかに作業が遅れてるのかは、火を見るより明らか・・・って事は、後で泣きを見るのも明らかでして、それもこれも、週間天気予報の雪だるまマークが、いつまで経っても消えないからに他ならない。いったいこの地球号、どーなってるんでしょうか。

 とはいっても、年配の人たちは秋田弁で?「んだども、時期だや~」と、のたまう。要はどんな年でも時期になれば、それ相応に季節はやって来る・・・という事か。確かにご覧のように時期になればクロッカスが咲き、街路樹の紅梅は、確かに今日もなごり雪の吹雪の中?見事に咲き誇っているのでした・・・。

平成21年 3月 25日(水) 清野 道義

「今日も寒いです。」

 昨日の雪には参りましたが、毎年4月の上旬に雪が降るような荒れた天気が来るのですが、今年はちょっと早いような気がします。
この天気も今週いっぱい続きそうなので、仕事が進まない可能性があり、ちょっと心配しています。我々農家は天気が命ですから・・・・・。

 今朝の新聞で、秋田県内の公立学校の人事異動が発表になりました。
この度、娘の担任の先生が他校に転勤になってしまいました。
小学校で3年、中学校で3年、合計6年間大潟村の小・中学校に勤務して頂きました。
娘は、小学校の時はミニバスのコーチでお世話になり、娘が中学校に入学と一緒に中学校に勤務し、今度はバレー部のコーチとして指導してもらい、また3年生の担任としてもお世話になりました。
そして今、娘たちの卒業と同時に転勤となりました。
本当に長い間お世話になった先生です。
後日、歓送迎会でとことんお酒を飲んで、別れを惜しみたいと思います。
感謝の気持ちを込めて・・・・・・・。