平成20年 12月 27日(土) 太田 稔

♪お~せ~わ~にぃ なりましたっ♪

 本年は大変お世話になりました。皆様に可愛がられ私ども「こまちの里」も、18年目を迎える事ができました。これもひとえに皆様方のお陰です。本当に有難うございました。
 来る年も皆様にとって、素晴らしい年であります事を、心よりお祈り申し上げます。

 さて、今日は仕事納めという事で、社員全員揃って事務所・そして倉庫の「大掃除」です。一年のスス(ほこり)は凄いもの、家では持ったこともない掃除機をゴーゴーとかけ、パソコンからコピー機・輪転機からプリンター、エアコンからブラインド、畳からフローリング、机からちゃぶ台、天井から壁・・・終わった頃には雑巾は真っ黒け、そしてゴミの山でした。
 人間、いや、私にも捨てる勇気がもう少しあれば、こんな苦労はしないんですけどねーハァ。
 ついでに代表大川は、間違って「粗大ごみ」でトラックに積まれるところでした・・・惜しい。

 お陰様で、昼頃には終わりまして、最後に神棚に「お神酒」を上げ、お供えのお餅と稲穂、そしてみんなで手を合わせ、一年の苦労を偲び・そして来たる年の佳き日を祈りました。

 2009年も、皆様にとって、素晴らしい年であります事を、心よりお祈り致しております。また、来年も「こまちの里」をご愛顧賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

平成20年 12月 26日(金) 大川 澄雄

 ついにやって来ました
     超大きい寒冷前線が・・・・

 暖かい日が続いているな~と、思っていましたら、ついにやってきました巨大な寒冷前線が・・・・。昨夜から秋田は強風雪に見舞われまして、被害も出たようでございます。今日の最高気温はマイナス4度、今年最後の当社の作業でございますが、ブルブルの一日になりそうです。でも自然と共に生きてる私ども、負けてはいられません。ファイト・ファイト・さあ~頑張るべ~・・・・。
 
 と言う事でございまして、今年最後の業務となってしまいました。本当にホントにお世話になりました。また改めまして明日ごあいさつ致しますが、今日は皆様へ心からの感謝を込めまして、懸命に頑張って取り組みたいと思っております。誠にありがとうございました。

 朝早く「今日の一言」打っておりましたら、ドヤドヤドヤ~女性陣のお出ましでございます。「うわ~すべったあ」「たいへ~ん・・・・」その騒がしい事、でも気合いは充分です、楽しくやりますぞ~・・・・・・。

 

平成20年 12月 25日(木) 早津 一仁

「気分は真冬モード・・・?」

 みちのく秋田のこの時期・・・本来の季節感からすると積雪○○cmとなっていて、
もうすでに完璧な真冬になっているのが当り前なんですが? どうも温暖化の影響か年々積雪量も減り、ましてや根雪になるのが、お正月もとっくに過ぎてからという年がここ最近多くなっています。昨日や一昨日の雪も朝だけのことでして、日中は太陽が顔を出してくれますので、あっという間に融けてしまいます。(近所の雪だるまも可哀想な状態で!)

 今日25日はここ大潟村をはじめ、秋田県全域で幼稚園・小学校・中学校の終業日だといいます。
わが家の中学3年の長女、小学6年の二女、果たしてどんな顔をして帰宅してくるのか・・・?
あっ!思い出しました! ここ大潟村でも『二学期制』になっておりますので、親父が心配するような物件は持って来ないんでした。

 さて、冬休みに突入してしまいますが、それぞれ最高学年で部活動が終わってしまっていますので、このなが~いお休みをどう有効に過してくれるのか・・・? まあ、あんまり期待しても無理なのは判ってますので、「ゴロゴロ状態」だけは禁止にしなければなりませんね。

平成20年 12月 24日(水) 太田 稔

メリークリスマス!

 今日の秋田は、お約束の?ホワイトクリスマス!真っ白な純白の景色が眩しく、嬉しいような悲しいような、そんな朝を迎えました。

  秋田では路駐(路上駐車)の場合、ご覧のようにワイパーを跳ね上げておくのが一般的でして、これはワイパーがガラスに凍ってくっついたり、雪が挟まって壊れるのを防ぐ、北国の一般常識なんですね!

 その他にも冬はバッテリーを充分充電しておくとか、駐車する時にはサイドブレーキが凍らないようサイドブレーキをかけず、ギアを入れておいたり、オートマの場合はPに入れたり、ドアの鍵穴が凍らないよう油をさしたり、凍った窓を溶かす「解氷剤」を準備したりと、北国ならではの知恵?があるんですねっ!。

 さて、今日のクリスマス、わが家にはサンタさんは来るんでしょうかね~。借金に負われてクリスマスというより、クルシミマス・・・なんて事にならなきゃいいんですけど・・・。

 グリーンランドからトナカイに乗ってやってくるそうですが、道に迷わず秋田にも、そしてそして皆様の所にも、無事来られる事を、心より切望致しております。

平成20年 12月 22日(月) 大川 澄雄

村に、変わったエコ風車が・・・

 この程、「スパイラルマグナス風車」なるものが、大潟村に設置されました。これは秋田県内第一号機だそうでございまして、今までの風車よりも小さく、効率的に発電出来るのが大きな特徴だそうです。

 地元に近いK市の某社が開発、プロペラの代わりにらせん状のひだが付いた5本の円柱が回転して発電するんだそうです。風車の高さ12,5m、直径11,5mで、大部小さいんですよ。平均風速6mで家庭9世帯分の発電量が見込まれるそうです。

 でも経費は2千7百万円、ですから色々補助を受けたとか、そう簡単には行きませんね。電力は村の非難施設「ふれあい健康館」に給電、いざ停電になっても機能する設備になってるそうです。

 村長は「自然エネルギーが福祉で活用され福祉の充実が図られることを願っている。また環境創造型農業による安全・安心な食糧基地から自然エネルギーの生産基地へと、村が発展していくことを願っている」と述べておりました。本当に公害のない自然の中での食糧生産、これが私共の心からの願いなんです。