平成20年 11月 29日(土) 長井 一彦

 今日も良いお天気は午前中までなのでしょうか、明日の日曜日は雪になりそう。
早いものでして師走の12月がやって来ます。

 今年もまたやって来ました忘年会時期、飲み食いハイ二次会と連日飲み続き挙句の果て胃薬のお世話になる毎日。カミサンの雷が落ちなければいいのですが落ちない訳は無い。

 決して私の話ではありません、友達の多い友の自慢話ですがくれぐれも身体に気をつけるようお付き合いをしてほしいものです。

 粉雪の舞うクリスマスといったら友達と繰出して飲み歩いたのは遠い昔の頃。
しばらく振りに思い出のワインで乾杯でもしてみるか。やですね又老けたお話しで。

平成20年 11月 28日(金) 大川 澄雄

小春日和と思いましたが・・・。

 昨日の大潟村は大快晴の朝「今日も穏やかな小春日和だ」な~んて思って喜んでおりましたら、そこは冬の季節、にわかに雲って雷・・・・。昼過ぎから雨でございました。

 前にもお伝え致しましたが、「朝照らし婿なかせ」と言うことわざ(これは秋田だけかもしれませんが)がありまして、まさにその通り。素晴らしい天気と思いきや俄かに雲って雨。でも~なぜ婿なかせ?と言ったのかわかりかねますが、それは「晴れたからと言って決して油断するな」ということなのでしょう。でもそれは婿さんだけじゃないと思うのですが、お婿さんに大変失礼ですよね。

 と言うことでございまして、全く予想の付かない冬の気候に入って参ります。来週からいよいよ12月、本当に早いものですね。雪も本格的に降りだす事でございましょう。自然での現象はいた仕方ございませんが、事件、事故だけは何卒起きませんよう祈りたいものでございます。この師走、皆様、どうぞ恙無くお過ごし下さいますことを・・・。

平成20年 11月 27日(木) 早津 一仁

「秋の空ではなくて・・・?」

 こんな時間になりまして申し訳ありません。あっという間に過ぎていってしまいそうな11月が、残すところあと僅かです。という事は、お正月までは30日ちょっとしかないことに気付く自分が怖いですね。太田さんではありませんが、やっぱり確実に歳を取ってしまっている事になるんでしょうね。

 朝の冷え込みが嘘のように、今日の午前中は暖かい晩秋の良い天気でした。しかし、お昼を過ぎた頃からは雷は鳴るは、時折り豪雨のように激しい雨が降ってきまして、とてもじゃありませんが外には居られない状態になっていました。もう、すっかり冬の天気なのです。夕方には、白きものまで降ってきてますので心の準備だけは万全にしておきたい所です。「備え在れば憂い無し・・・」かな?

 ここ最近の暖かさに積雪はゼロに戻ってしまいました。待望のウインター・シーズン到来と、心を弾ませる自分が居る事に気付いている昨今でもあります。夏場にできない私どもの趣味の領域に、少しだけ没頭できるのも、これからの季節なんであります。(何卒、悪しからず・・・です。)

平成20年 11月 26日(水) 太田 稔

学習機能?

 最近はホント寒いですね~。晴れの日以外は殆ど一日ストーブに”火”がついてます。不経済と灯油価格高騰の懸念はあるものの、隙間風の耐えないわが家にとって、このストーブだけが生命線なんですね!

  この寒さで、わが家のバカ猫はタオルで包んだ籠から出ようとせず「今日も冷えるにゃ~」と、目を細めるのでした。
 また、遠くの山はすっかり雪化粧を終え、この先の厳しい冬に備えるように、寡黙に佇んでおります。

 こんな北国で今熱いのは・・・「忘年会」でして、今の時期は村の宴会場は超満員!予約を取るのが大変です。若い人達は、j結構遠くの町?なんかに行っているそうですが、私どもオヤジ世代は、遠くにまで呑みに行くのを、おっくうがって、ついつい近場で済まそうと、地元の飲み屋さんが繁盛してるんですね~。

 でも、宴会場では知り合いばっかりですので、そこらじゅうで乱入事件?が勃発しまして、最後はいったい今日は何の忘年会だっけ?ってなもんです。でも、決まって次の日は二日酔いで動けず、家族からは非難のまなざしが刺さり、私のココロにはまた、すきま風が吹くのだった。

 反省だったら猫にも出来る!あぁ、後悔先に立たず。しかしながら、のど元過ぎれば・・・熱さ忘れる、学習機能の付いてない私目である。

平成20年 11月 25日(火) 清野 道義

 今日の午前中は、雲一つないいい天気にめぐまれました。
午後からは少し厚い雲が広がりましたが雨も降らず何とか持ちこたえました。
毎日の天気が不安定な気圧のためにめまぐるしく変わっていきます。
雷が鳴るたびに冬将軍が一歩又一歩と近づいてきます。
どんなに天気が良くてもぽかぽか陽気にはさすがになれない季節です。

 田んぼ仕事もまだまだ沢山残っていますが寒さが身に沁みて、なかなか仕事がはかどりません。早く終わってしまいたいのですが、一つ終われば又一つと仕事を見つけてはそれに向うのですが、若かりし頃のペースには程遠くなかなかけりも付かずダラダラと毎日田んぼに通ってしまいます。
やはり田んぼ仕事は雪が積もって消えなくなったら終わりです。
いつになったら根雪になるのか・・・・・・・我家はその時が仕事納めになります。