平成20年 5月 30日(金) 早津 一仁

「万事休す・・・あれ?」

 ここ大潟村の今が一年で一番穏やかで、過しやすい季節でないのかと
ひとり勝手に思っています。全村的に、まずはひと段落といったところでしょうか!

 3月雪解けの頃からスタートした春の農作業でしたが、『田植え』が終了で
長かった農繁期から開放されたような昨今であります。疲れた身体に、少しだけ私たちのエネルギーを注入しなくてはいけない時期なりました。ということで、今晩は待望の『早苗振り』(さなぶり)を執り行います。日頃お世話になってますお客様をご招待して・・・。

 でも昨日、わが家のお袋との会話の中で気づいたのですが、全国的には「さなぶり」と呼ぶ地域はそんなに無いんじゃないのかと・・・? 新潟出身のお袋も、ここ秋田に来てからのことだそうで!
<まずは、お天道様に感謝して、みんなで『お神酒』あげますね・・・。>

平成20年 5月 29日(木) 太田 稔

オトコはつらいよ

 ようやく皆田植えも終わったようです、良かったよかった!でも、田植えが終わっても、色々仕事はありまして、まずは後片付けですね。ハウスのビニールに始まり、苗箱や機械類など、急いでいると、自分まで片付けられてしまいます?

 とまれ、一大イベントの「田植え」が終わればこっちのもん?です。おてんとさんの陽射しに、日々緑を増す「あきたこまち」の早苗ちゃんたち、今日もそよ風に揺れながら、気持良さそうに田んぼで踊ってます。

 さて、画像は今年の田植え期間中の次男「翼」の田植え手伝い風景です。実は「大潟中学校」では、今の時期「勤労体験学習」ってのがありまして、要は1日くらい家の手伝いをしなさい・・・ってな日なんですね。
 そんなわけで、丸1日、コキ使っちゃいました!お陰で結構楽をさせてもらいましたが、本人曰く「農家の仕事って、大変だー」だって。そう、百姓はつらいんでアリマス。

平成20年 5月 28日(水) 清野 道義

 わが家も23日にようやく田植えを終わらせることが出来ました。
終わった翌日は大学選手権の北奥羽大会の審判に2試合貼り付けられ
次の日は中学校バレーの招待試合に一日張り付き、田植えが終わってからまともに仕事をしていません。お陰でかみさんのアタマから角が生えてきてしまいました。

 今週末から来週頭に掛けていろいろ行事がめじろ押しなのでこれ以上角が伸びないように・・・と仕事をしながら戦々恐々としています。
身体も気持も休める日はまだまだ先になりそうです。
疲れた身体にムチ打って今日も日暮れまでがんばりましょうか。

平成20年 5月 27日(火) 長井 一彦

雨に風

 昨日は突然の雷と雨が集中し、我輩は仕事を中止となりました。
今日は全国的に晴れるところが多く大潟村でも昼より日が射すことでしょうか。
夏場よりの爽やかな風は歓迎されるのですが、せめて5月いっぱいは無風状態を期待したいところです。干拓地での宿命でしょうか。
幼いこまちを上手く田植え出来た喜びも強風にあおられては堪ったものではありません。

 適度な雨はこまちにとっても養分を与えてくれ、生長の活力源となってくれるのですが、私共にも潤いと安らぎを与えてくれるので心待ちにする時も有ります。
と言う事で友達とささやかな「さなぶり」をやりましたのですが、自然界も人生何事も適度と言うものがありますが度が過ぎては大変。

平成20年 5月 26日(月) 大川 澄雄

環境保全に取り組んでます・・・。

 ストップ?濁水?はて?何のことでしょう?・・・・。
ナゾナゾにしたかったのですが、もう見えてますね。そうなんです、かっての八郎潟、今「八郎湖」と呼んでおりますが、村挙げて、いや周辺市町村と力を合わせて、きれいな「八郎湖」を守ろう、創ろうとの作戦なんです。

 この八郎湖から農業用水を頂いております大潟村、もちろんきれいな水でなければ、美味く安全な米は作れないんですね。ですから代掻きなどでの濁水は極力流さないように、八郎湖に戻さないようにと、皆で力を合わせて「濁水流出防止対策」をしようとの啓蒙に、村のいたる所に立って呼びかけている幟なんです。

 環境保全宣言の大潟村、永遠にきれいな「湖」を後世に引き継がなければならない私共、その課された使命に「こまちの里」も懸命に頑張っております。

 さて、こまちの里の「田植え」、しんがりになった?君も、後2日ぐらいで終わりそう・・・。ガンバレ・・そして、「さなぶり、やるぞお~」