平成20年 1月 31日(木) 清野 道義

早いもので1月も今日で終わってしまいます。
昨日は、娘の下宿を引き払ってきました。六畳一間の部屋でしたが3年間の下宿生活も無事に終わりました。4月からは大学生として東京で新たな生活が始まります。

 それにしても下宿の部屋の荷物を運んできたのですが、どこに入っていたかと思うくらい一杯荷物があってビックリしました。
長女の時はそれ程荷物はなかったのですがその多さには参ってしまいました。
1トントラックに入りきれず秋田市と大潟村を2往復してしまいました。
下宿に入るときの4倍にも膨れていた荷物は東京に引っ越す時に最小限の荷物にするのが大変そうです。

 久し振りの長期滞在でお父さんは大喜びです。\(^o^)/
4月が来なけりゃ良いのにね。(-_-;)

平成20年 1月 30日(水) 長井 一彦

ひと休みでしょうか

 一月も終わりになるというのに、あれに荒れた空も今日はうっすらと青い空を見せてくれ和らいだ一日を過しております。
大陸では50年振りとかの大雪に見舞われて一方では干害で水不足とか。
中国での低気圧もすっぽりと日本全体を覆って寒さがやってくるとは、まだまだ厳しい冬は続きそうで春めいた陽気は先のことでしょうか。

 我が身もおとそ気分は無くしておったつもりですがこれからは本腰を入れて、春に向って生活してゆかなければならない。などと言えばお叱りをもらちゃいそうですが。

 冬の充電期間は明日までと決めて今まで来たのだから。

平成20年 1月 29日(火) 大川 澄雄

雪の上に焚き火?・・・

 厳冬の山、しかも2,3メートルの積雪の上で焚き火?もしかしたらびっくりなさるかも知れませんね。もう30年来冬山を歩いております「山の仲間」、12人いた人達が、死んだヤツ、もう歳?でようやく歩くヤツ、杖を付くヤツ、もう5人になってしまいましたぁ。でもこの時期が到来致しますと「シャキーン」。それぞれ、まだ若い達者な話しをしながら歩くのです。

 そして、昼になりますと、ご覧のように火を焚いて昼餉なんです。手前の生木の串に刺してあるのが、塩とコショウを降り掛け、ナラの生木であぶった、とても香ばしい、美味しい細切れの肉なんです。オイシそう・・・・。

 「雪の上の焚き火」のレシピ
 始めに、ナラかブナの径6,7センチ、長さ80センチぐらいの生木を4本切って、雪の上に並べます。そして、並べた4本の間の端の方に少し小さな生木を縦に2本刺して「火床」の出来上がり。その上に、白樺の皮を「たつけ」に火を付け、小さな枯れ枝から順に太い枯れ木を、そしてナラの2,4センチの生木を床に置いた木の直角に置いて完成。

 この料理の注目点は、床をしっかり固定して置くと雪が融けても下がる事はない。その上には必ず直角に載せること。ナラの生木は良く燃え、香りにすぐれている。獲物(肉など)はクロモジの枝に刺す、樹液の香りが付いて最高。獲物には塩とコショウ(別々にこだわる)を振り掛けるのが一番望ましい。美味しい味を引き立たせるには、「楽しくワイワイ」の調味量は絶対必要。
「さあ~出来上がり、美味しく、召・し・上・が・れ・・・」

平成20年 1月 28日(月) 早津 一仁

「降るべき時には、しっかり降って・・・」

 そんな風に思うことにしました。先週は本当に寒い・寒い日が続いてしまいました。秋田だけではなく、日本全国で今年一番の冷え込みだったようですね!

 日本本来の『四季』・・・とはと、考えてしまう時があります。
夏の異常なほどの猛暑や、一方では去年の冬みたいに雪無しの冬なんていう状態は、やっぱり「変」であり、日本のあるべき季節感がなくなっていまっていますね。

 今日はこの寒波もひと休みです。ほんのちょとだけ気温が上がってくれるだけで、「こんなに暖かく感じてしまうなんて!」と、久々に感動しておりました。
太陽が顔を出してくれるわけではありませんが、風が吹かない、雪が降らない、
こんな普通の状態に今日は感謝しております。
(コタツに入って、熱燗で晩酌・・・・・いいもんですよ!)

平成20年 1月 25日(金) 清野 道義

 今日も猛吹雪で荒れた一日となりました。
外に出るのも嫌になるような冷たい風と雪には参ってしまいます。厚い雲も強風の影響で、駆け足のように流れて行きます。たまにその厚い雲の切れ間から指す太陽の光は、後光が射すように有難く思ってしまいます。
この荒れた天気はもう暫らくつづきそうです。やはり東北の冬本番は2月に入ってからなのかなと実感してしまいます。

 昨日は関東地方にも16日遅い初雪が降ったようですが、皆さんなれない雪で
大変だったと思います。今年の雪は、公共機関への影響もさほどなかったようで安心しました。大学の受験シーズンにこれから突入しますが、無事に過ぎてほしいものです。

 わが家の土・日曜は、明日から始まる末っ子のミニバスの新人戦と中学校バレー部の練習試合とジュニアスキーの2次合宿が当然のように重なっています。
今回はミニバス新人戦を優先して応援に行って来ようと思います。