平成19年 8月 31日(金) 早津 一仁

『秋田わか杉国体』

 あれ程に暑かった夏が通り過ぎて行った感じです。
今ではめっきり涼しくなりまして、朝晩なんかはとても腹を出して寝れる状態ではなくなりました。

 全国的には今日が子供たちの夏休みの最終日でしょうか。夏の終わりに何か一区切りつけて、新たな気持ちで初秋を迎えてみたいと思う昨今です。季節の変わり目です。どうぞお身体ご自愛頂きますよう宜しくお願い致します。

 さてさて何十年ぶりなんでしょうか?今年の国民体育大会の開催地が、ここ秋田県なのです。そして、わが大潟村では『ボート競技』が行われます。その大会期間中は、選手・役員の皆様をここ大潟村では民宿という形でお迎えしようと準備を進めております。

 全国の一流のアスリート達の活躍を祈念して、影ながらお手伝いしていきたいと思っております。

平成19年 8月 30日(木) 太田 稔

「村祭り あぁ村祭り 村祭り・・・」

 今朝、共同用地の草刈りの集まりがあった。これは、みんなで使っている用地(用水路まわり・道路脇・排水路周辺など)を、綺麗にしておこう!・・・というものでして、当然の事ながら、みんな集まりました。

でも、最近は顔を見ても解らないような若いもん?が多く、まあそれだけ自分が歳をとったって事なんでしょうけど・・・。

この草刈りが終わると、今度は住宅地周辺の共同草刈りでして、これは、お祭り前と、相場は決まっている。
そして、この村祭りが終われば「稲刈り」が始まるのです。

今頃は「祭りまでもてばな~」・・・という言葉が、オヤジたちの会話の節々に使われるようになります。要は、「9月10日の村祭りまで無事に稲が立っていれば、収穫量も品質も落とす事なく、楽に稲刈りが出来るんだけどな~」・・・ってな事なんですねっ!
という事で、この村祭りがキーポイントとなる訳です。

ある友人曰く「村祭りを9月3日頃に早めてくれれば、俺の稲も何とか・・・」って、そーいう問題じゃないんだけどね~。

平成19年 8月 29日(水) 清野 道義

 昨日の夕方6時半頃から6年振りの天体ショーがあり、9時頃までの2~3時間の間で皆既月食がありました。上の写真はその時の写真でした。
家のベランダにビデオカメラを設置して蚊に食われながら後半の約1時間の月が満ちていく様子をビデオに記録しながら観察しました。
じっくりと月を見ることもしばらく無かったので久し振りにゆっくり見ることが出来ました。
秋田の夜空は雲がかかることも無く観察できラッキーでした。

平成19年 8月 28日(火) 長井 一彦

秋かな

  あれっ、秋だよなって感じるような日々になってきました。
先日の東日本還暦太田市長旗杯大会に参加するのに、朝の6時に出発。秋田道から東北道を走り、3時からの監督会議に間に合う事が出来ました。
関東は暑い、熱い戦いを挑む前に我々は体力消耗に負けるというアクシデント・・・。
結果は12対2のコールドゲーム、我輩もレフトオーバーならずボンフライで面目なし。
 翌日は関越道にて、新潟経由で夕方には無事帰ることとなりました。
ふと思ったのですが、関東周辺でもススキが目に付き、秋が来たのかなって思いました。
刈り取りの準備仕事の前に秋風にさらされて畦草刈りです。
 みなさまに私どもよりお知らせが届いた事でしょうが、何卒宜しくお願い致します。

平成19年 8月 27日(月) 大川 澄雄

庭の片隅に
      もう、ちっちゃな秋が・・・。

 残暑誠に厳しい日本列島でございますが皆様、お健やかにてお過ごしでございますか?

 でも~、どことなく、秋の気配を漂わせて参りました北国、わが家の小庭(と、言う程のものではございませんが)の片隅に、こっそり「秋」を発見?

 すっきりと晴れ渡った爽やかな空の下、木陰の木漏れ日を享けて、ちっちゃな紅の花をいっぱい付けて咲いている「水引きの花」なんです。

 私目、この花が大好きでして、この花の咲く頃本当に「秋」の訪れを感じます。隣りに白色の花もありますが、まだ咲いておりませんでした。

 この花が「ザクッ」と散る頃、秋さなかに入る事でございしょう。このうだる暑さの中、どうぞ小さな秋で「涼味」をお味わい下さいませ(^_-)-☆