平成18年 10月 31日(火) 太田 稔

もったいないオバケ?

 今日も大潟村は快晴!です
この、もったいないオバケが出そうな程の良い天気に、皆頑張っているのは「暗渠作業」です

・・・study・・・《暗渠とは》
田んぼに深い(50~100cm)程の溝を掘りそこにパイプを入れ、籾殻を詰める作業でして、春に水を入れて田んぼにしても水を切りたいときにささっと水が切れ
重い機械も埋らずに快適に作業が出来る!というものなんですね

 今年の秋は、気持ちが悪い程天候が良く?この秋の作業が快適です。
但し、ちょっと気になるのは「ツケ」でして廻ってくるのは冬の豪雪・・・なんて事には なりませんよねー冬将軍さま・・・

平成18年 10月 30日(月) 早津 一仁

朝晩の冷え込みが・・・

 すっかり「こんばんは」の時間になってしまいました。すみません。
やっぱり秋深し・・・なんですね。日中は、Tシャツ姿になっても十分過せる位の
暖かさなのに、4時も過ぎた頃から徐々に薄暗くなり、5時にはもう真っ暗です。
かなり寒く冷え込みますので、ジャンバーの上着まで必要になってしまいます。
どうぞ皆様も季節の変わり目ですので、お風邪など引きませんように。

 稲刈りを順調に、また早々に終えれた友達が、ここぞとばかりにみちのく秋田の山並みをドライブして来ました。(なんて羨ましい奴だ・・・)
本人が自慢げに報告してましたが、本当に今年の「紅葉」は見事に綺麗だとか。
想像の話ではありますが、今年の夏は大きな台風がひとつも来ていないから、
強風や塩害などの影響がゼロだから、樹木はみんな元気に育っているのだとか!本当に見事らしいです。この次の連休などは、東北の旅路には最高の時期と思います。皆様も是非、ご堪能下さいませ。

 さてさて、『月見に一杯・・・』の時間になってきました。
もう、熱燗も美味しい季節になってきましたよ・・・。

平成18年 10月 28日(土) 大川 澄雄

  - 早や二歳  健やかなるを 佳しとして -  孫への涙の愚句

 皆様、いかがお過ごしでございますか?寒くなりましたね~。
紅葉前線もかなり南下、当社の前のかえでも私とは裏腹に、燃えに燃えてております。
 私の大好きな歌、   ♪♪ 秋の夕日に  照る山もみじ ~・・・  ♪
思い出しますね~、かの故郷の紅葉を・・・・。あのもみじ、かえで、かつら、はぜ、蔦・・・。
それに、松、すぎなどの常緑樹でおりなす錦の山容、鮮明に脳裏に浮かびます。
 「昔は余計綺麗だったな~」と思って懐かしんでおりますが、それはまだ幼く
綺麗な眼で見た風景だったからでしょうね、とても純朴でしたから・・・。
 あの幼い時の眼で見たら、きっと今もステキな世相かもしれませんね。
そんな純朴な自分に帰りた~い・・・(ふうん 今更そんな・・・・・)おっ~と、そんな声が・・・・。

 そんなせつない過ぎ行く秋に・・・・・・うれしいことが・・・(はあ?またアレか・・・)
そ~うです。なんと初孫「朋華」が二歳の誕生日を迎えたんです。  エラ~イ・・・。
(バカ、誰でも来るんだ、偉くない)  そんな言葉ちっとも耳にはいりません。
「たいしたもんだ、朋ちゃんは・・・誕生日を迎えるなんて・・すご~い・・・」と言って
電話で褒めてやりました。  大好きな「ぶどう、アンパンマン」の絵を書いて・・・・。

   F・ちゃま、いろいろいただきまちて、ありがとうございまちた。
    ち(き)っと、ちゃちんにとって、おくりまちゅ・・・    ともかより(^_-)-☆

平成18年 10月 27日(金) 早津 一仁

 「こんにちは。」  今日も元気に頑張っています。
外での仕事には、暑いくらいの陽気になっています。
何をするにも天気の良いことは助かるものです。今年のこの季節「秋」は、
良いお天気続きですので、有難く感謝して私たちの農作業進めて参ります。

 大好物の「栗」が今年は大豊作でした。2年前に襲った巨大台風の被害を受けてからは、季節はずれの高温による開花や、潮風の塩害による影響か、大きな栗の木も元気をなくしていたものでした。あれから2年が経ち、ようやく元気を取り戻してくれたんだろうと思っています。大自然の異変には勝てませんが、日々の時の流れが平穏であることが、「しあわせ」の証しだと思っています。

 「紅葉狩り」をしながら「露天風呂で一杯・・・」なんて、という時間の余裕を作りたいと思っていますが、この実現がなかなか・・・?
明日は小学校の「学習発表会」があります。明後日はバレエ教室の年に一度の
晴れ舞台「定期発表会」があるそうです。
そしてまた、中学校バレー部の招待試合もありますので、どうも子供たちにつき合わせると自分の仕事が出来ませんね。(困ったもんだけど、仕方ありません。張り切って応援に行きますよ・・・)

平成18年 10月 26日(木) 太田 稔

豪石せよっ!超神ネイガー

 これが秋田県のご当地ヒーロー「超神ネイガー」でして、只今秋田でひそかに活躍してます?何が凄いかって、超人みたいに人を超えるんじゃなくて、神を超えてるんだからスゴい・・・

 説明によると・・・米農家の「アキタ・ケン」なる人物が「豪石(ごーしゃく)」のかけ声とともに変身するらしい・・・そして、秋田県民を墜落させようとする悪の組織と戦っているらしい・・・以後、秋田弁の翻訳は赤字となります。
そもそも「ネイガー」とは「なまはげ」の唱える「わりー子はいねいがー」(悪い子はいないか)のネイガーとの事で、「豪石(ごーしゃく)」とは秋田弁でごしゃく(叱る)・・・らしい。そして悪の組合長「ひやみこぎ」(なまけもの)率いる悪の組織「ホジナシ軍団」(こりない軍団)そして「怪人ハンカクサイ」(アホみたい)とか「怪人ぼっこれタマグラ」(壊れてる人)とか他にも「怪人ほいどたがれ」(よくばり)「怪人ごんぼほり」(悪たれ)・・・なんかと戦っているようである

 ちなみに 「怪人かまどきゃし」(甲斐性なし:道楽者)は『おめがッ 泣ぐまで カマドをキャスごどをやめねぇッ!』と、のたまうそうである・・・たまりません・・・

 そして、越神ネイガーの武器にはきりたんぽソード・ぶりこガン・竿灯シールド・かまくらナックル等がある・・・らしい。
また、乗っているバイクは「はたはた」型でして、燃料は「しょっつる」(塩魚汁)なんだそうな・・・んなアホな

 更にネイガーの友人には「メクセグ ネイガー」(嘘っぽくない?)や「アラゲマル:荒海丸」(悪たれる)がいる・・・困ったもんだ・・・

  どーでもいいけど、いずれ秋田県の平和を守るため、ごしゃでけれ(叱ってくれ)ネイガー!
やれやれ・・・