平成18年 8月 31日(木) 太田 稔

我慢大会・・・優勝!

 とうとう8月も終了です、早いもんですね!1年の3分の2が終わりました。
振り返ればこの夏、ホント暑かったですよね!クーラのない我が家は地獄でした。
家族の会話では「暑いというから暑いんだっ」「暑いと言ったら負け!」などというわけわかんない掟が出来、「動くなっ」とか「扇風機の前を通るな」なんて、暴言が勃発したのだった。

先日、夏が終わったのだからクーラの安売りやってないかと、電気屋を物色しましたが、残念ながら全て売り切れでして、せっかくの購入意欲もそがれてしまいました。
これで来年の夏も扇風機でしょう・・・ざ~んねん。
確かに我慢しなければいけないのは、たった数週間。今年も我慢出来たのだから来年も何とかなるでしょっ!と、お気楽な私です。
代わりといっては何ですが、今年はストーブを新調しようかと・・・

平成18年 8月 30日(水) 長井 一彦

 暑い夏もなかなか終わりませんけれど、ようやく熱帯夜もないようになりました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。
夏休みも終わりましたが、子供たちは元気に意義のある夏休みを過されたと思います。
わが家では平凡な日々でしたが、実家では一寸トラブルが発生し、てんやわんや・・・。
 
 私ども「こまちの里」から、27日(日)の朝日新聞の折込みで、18年産の新米予約の広告をさせて頂きました。新しいお客様でご覧になられましたら、是非とも私ども五人衆の「あきたこまち」をご賞味頂きたく思います。どうぞご利用の程、宜しくお願い致します。

 「あきたこまち」も少しずつ稔り色づきながら、刈り取りの時期を待っているところです。
台風などの被害が無いことを祈りながら、機械などの準備に余念がありません。
 実りの秋・食欲の秋でもあります。先日ミニ講演でのお話で、「一日200グラムの野菜や果物類を食べるようにいたしましょう。」等と、私にとっては耳の痛いお話がありました。
考えてみたら、私などはどれ位食べているものでしょうか? 一つまみ程度では、健康状態は如何なものか、お分かりでしょう・・・。
泡の飲み物ばかりではダメですよね。(夏バテした身体を、これから元に戻さなければなりません?)

平成18年 8月 29日(火) 清野 道義

 稲穂が少しずつ色付きはじめ、だんだんと傾いてくる光景を見ながら
今年は、一回も台風が来てないよな~などと、一人で危機感を持っている
自分が居ます。こなければ万々歳なのですが、まだ1ヶ月あるので平穏無事を祈るばかりです。
 先日から腰の調子がいまいち好くありません。毎日コルセットのお世話になっているのですが、余り忙しくならないうちに、整骨院へ行ってこようと思っているのですが仕事が出来ないほどの傷みではないので、思い切って仕事を休んで行く気にならないのが実情です。動けなくなってからでは、本当は遅いんですけど・・・・
・・・・でもまだその気になれません。私を医者に連れてて・・・・・・!!
やっぱり切羽詰ってから行きましょう。

平成18年 8月 28日(月) 大川 澄雄

999の石段の鬼伝説?・・・

 
 おはようございます。まだ続いております真夏日、もううんざりでございますね。
秋田も真夏日が続いておりましたが、今日より予報によりますと天気は下り坂とか。
一気に初秋に入っていくのではと、思っております。昼高夜低の気温によりまして「あきたこまち」も一気に稔りを深めていく事でございましょう。今の所幸い台風の襲来もなく、順調でございます。どうぞ期待下さいませ。

 昨日、本当に季節はずれ?ではございましたが、夏にこそ価値があると言うことで「男鹿のなまはげ、ぐるっと男鹿の再発見」についての研修がございました。
伝説と人のかかわりを見直す一日、まさに私目のハシタナイ心をみなおす日でございました。男鹿半島で有名な伝説、「999の石段にまつわる鬼伝説」、登りました。
「あつい、あつ~い」、一夜にして石段を築いた鬼の苦悩が身にしみます。
 「コケッココ」誰かがニワトリの鳴き声をマネして、後1段で終わる石段を朝が来たと思い込み、泣き叫び悔しんで、諦めて山に帰っていった鬼達、その悲鳴が聞こえるような寂しい木立の中の風の鳴る音・・・。まさに心が洗われる思いが致しました。

 そう言いますと、心が悪い人は、なまはげが怖く見えるそうですね。
研修も、なまはげ漬け?でございましたが、私にはどうしても、「コワ~イナマハゲ」に見えてしまいます。ん?その通り、まだまだ未熟ものを痛感させられた旅でした。
 

平成18年 8月 25日(金) 早津 一仁

「ああ~夏休み・・・」

 ここ大潟村の子供たちの夏休みが終わりました。私たち親にとってみればようやく終わってくれたという感じなのかな・・・? 暑い暑い夏の終わりとともに子供たちの新学期が昨日からスタートしました。それでも体育の時間の「プール」は、まだまだ水に入れるうちは続くそうで、これはラッキーのようですね!

 私どもの田んぼの状況は、今のところ順調でしょうか。
この8月の気温は、稲にとってはまさに「天の恵み」でした。
お陰様で出穂後の実の入りも快調のようで、昨日の太田さんの画像のようにこうべを垂れ始めてきています。これからの季節は、例年のような適度な残暑と水分(降雨)があれば、お米の仕上がりとしては最高なのですが・・・。

 あと、私たちの願いは「大きな台風が接近しませんように!」
と神頼みするしかありません。(天気予報士に文句を云っても始まりません・・・)
9月に入りますと、大潟神社のお祭りもあります。豊作を祈って!!!