平成30年 5月 21日(月) 大川 史郎

異例

 全国ニュースにもなりましたが18日、秋田に大雨が降りました。
 ここも被害がないわけではなかったんですが周囲の町の状況を聞くと、何も言えなくなります。
 秋田市も観測史上最大量を記録してしまいました。
 たしか去年の豪雨でもこのフレーズが出た気もしますが…それを上回ったのかな
 そして大潟村は排水方面の水の量が多くなりすぎて、氾濫したため、田圃への灌水水路の水が止められました。まさかこの時期に水路の水がなくなるなんて…自分が就農してからは初めてのことじゃないかな(それ以前あったのかは定かではないですが)。
 おかげで次の日は田んぼに水が使えなく、仕事を止められた人が多数いました。
 未だ全貌が分ってはいませんが、被害を受けた方々へ心よりお見舞い申し上げます。

 

平成30年 5月 17日(木) 大川 史郎

大風のち大雨のち…

 田植えも相当なペースで進めて今日で半分が終ろうかというところ。
 前日のNさんが申していたように(文面から大分お疲れの様でしたが)、田植えでは大風と大雨がやっかいでして、本日未明頃から強風と雨がすごく、現場に着くも、とてもやれる状況ではなかったんですが少し待ってから植えることに(予報ではのちに風は落ち着くとのことだったので)。
 なんとかやっていると風が徐々に落ち着いてきたんですが、その直後に、粒が目視できるほどの大雨。砂利道が瞬く間に池になるくらいでした。
 ただ、その後嘘のように雨、風がピタリとなくなりとてもやり易い状況に…予報ってすごいな

 その予報では明日は今日よりも雨が降るとでていましたが…(泣)
 

平成30年 5月 15日(火) 大川 史郎

シーズン到来

 いよいよ、花粉が本格的に到来してきました。
もう、目、鼻がつらいつらい…
 ティッシュの消費量がすごいことに、ホントなんでこうなったかな。
 自分はイネ科の反応が特にひどいので、そろそろなんて思っていたら、意外に松花粉も反応している模様。雨なんか降って、水が流れると道路には黄色のかたまりが見えるほど、飛散しているようです。
 インフルのことも踏まえるとなんか1年中マスクをしているな…
秋までこんな感じなのかな(泣)

 あと、田植えもシーズンに入りました。
ハウスから苗がへっていくのを見るのは毎年いい気分になります。

 

平成30年 5月 9日(水) 大川 史郎

雨乞い

 代掻きが終わりをむかえる中、欠かせない仕事が”ゴミ上げ”です。
 (うっすら水面にかたまって見えているのが”それ”です)
 今季は運が悪く、代掻き中は強風の日が多くて水の調整が思うようにいかず(ザリガニ等による漏水もあり)、といったところも…
 そうなると、ワラくずがうまく土に練り込まれないのと、水が多いと機械が出す波でワラが横に逃げてしまうため、ごみが多くなってしまいます。
 なんか意外に腰にくるなこれ…

 さて、この作業も終わると、いよいよ”田植え”にはいります。去年は期間中ほとんど雨が降らずに、随分なやりずらさがありましたので、今年はそれなりに降って欲しいものです。

 

平成30年 5月 7日(月) 大川 史郎

管理不足

 連休中は雨から晴れ間が射してきたと思いきや、突然の雹、からの落雷…
とまあ、不安定な天候ばかりでした。
 田んぼといえば、代掻きの真っ盛り。機械に乗りっぱなしの作業が多いのですが、そんな中、治りかけていた風をこじらせたのか、熱が上がってしまい、クラクラと頭痛の日々。一人だけ冬物ジャンバー着てるし…ったくなにやってんだか。
 さすがにこの時ばかりは親父がいて本当に助かりました。老体に鞭うたせてしまいました。
 この時期に体調を崩すと色々、影響が出るものだと再認識しました。おまけに花粉症も絡んでしまうのでまあ治りづらい、ホント反省です。