あきたこまち (白米) の美味しい炊き方

私たちの「あきたこまち」を、ふっくらつやつやの美味しいお米に炊いて
皆様に召上がって頂くために、ちょっとしたポイントをお話させて頂きます。
基本的にお米を炊飯するにあたって、洗米.吸水.炊飯.蒸らし.仕上げの
5つの行程があり、それぞれに知っておきたい知識があります。
 

1. 洗米

つまりお米を研ぐ事なのですが、最近のお米は昔と違って精米機の精度が
良いので、米ぬかの付着が少なく、その分ゴシゴシと力を入れて研ぐ必要が
なくなってきました。
逆に、そのようにすると、せっかくのお米に傷をつけてしまい、
極端に割れるお米が多く、米粒の中のでんぷんが炊飯時に溶け出し、
べたっとしたご飯になってしまいます。
理想的には、ざるとボールを使って、手早くかき混ぜ、流水ですすぐ行程を
3~4回繰り返し、水が澄んできたら完了です。
あくまでもお湯ではなく、水で手早くです。
 

2. 吸水

お米は洗ってすぐに炊飯すると、米粒の内部まで水分がいきわたらず、
粘りのないパサパサしたご飯になってしまいますし、長時間の浸けおき
(一晩浸けおきの、タイマー炊飯等)をしてしまうと、お米そのものが、醗酵して
変質してしまうため、この吸水時間は長くても、短くても良くありません。基本的には
夏場でしたら30分程度、冬場でしたら2~3時間の吸水時間をとる必要があります。
どうしても朝が忙しい方は、30~40℃のお湯に15分程浸けて炊飯して下さい。
 

3. 炊飯

あとは炊飯器のスイッチを入れるだけですが、もう一度水の量をチェックしましょう。
特に新米の切り替え時期には、心持ち水を少な目に炊飯してみて下さい。
また、昔のかまど炊きのご飯が美味しいように、炊飯器は熱量が命ですので、
ある程度ワット数の高い炊飯器が望ましいのは言うまでもありません。
(最近はIHなど、とてもよいものが出回っております)
また、炊飯器の熱量は使用頻度とともに低下してしまいますので、おかしいと思ったら、
こちらを疑ってみる必要もあります。
 

4. 蒸らし

通常のごはんでしたらあとは炊飯器にお・ま・か・せ・ですが、
炊き込みご飯等の場合には 具 から出る水分も考慮して、
炊き上がったご飯が水っぽいようなら、再度炊飯のスイッチを入れて
水気を飛ばすようにすると、おいしい炊き込みご飯がいただけます。
また、間違って固めに炊けてしまった場合でも、清酒をさっと回しかけ、
もう一度炊飯スイッチを押してみましょう。
 

5. 仕上げ(おころげる)

炊き上がったごはんは、すぐに"おころげる"ことが必要です。
炊飯器の蓋を開け、しゃもじで底から優しく混ぜ返してやることで、
米粒一つ一つの余分な水分が飛び、ふっくらした美味しいご飯に仕上ります。
また、ごはんは長時間保温するよりも、炊き立てをラップして冷凍した方が
絶対に美味しいのは、皆さんご存知のとおりです。
 
以上、簡単にご説明いたしましたが、説明不足の部分も多々あるかと存じますので、
ご質問・ご意見・ご感想などございましたら、Eメール・お電話・振替用紙等をご利用の上、
お寄せ慰頂ければ、出来る限りお答えさせて頂きたいと存じます。