こまちの里だより 一覧

第296号  29年4月号 (長井 一彦)

 春爛漫さわやかな風が吹き、桜咲き小鳥はさえずり、花萌える
季節となりました。

 昨年の秋頃から胃に痛みを感じて、病院の消化器科で診てもらいましたら「潰瘍でしょうから、タバコもだいぶ吸っていることだし胃カメラを飲んでみましょうね」と言われるままに承服。(むかし経験したことのある胃カメラは、もう二度と…と、苦い思いが忘れられませんが…)
 タバコとガンの関連記事を目にすると、タバコを吸わない人と比べて、喫煙者は肺がんのリスクが高く、食道、肝臓からすい臓などのがんにも因果関係を…

第295号  29年3月号 (大川 澄雄)

 弥生三月、誠に月日の経つのは早いものでございますね。
 皆様におかれましては、ご多忙の中にもお健やかで在られますことに、謹んでお喜びを申し上げます。
 さて、私共稲作農家と致しましては一気に農作業に突入致します。長い積雪の間動かすことのなかった身体、なかなか仕事に付いて行けないのもこの季節、急に忙しくなる大潟村でございますが、今しばし春に向う村ならではの自然を辿ってみたいと思います。

 雪解け水に映る紺青の空が不気味、そして茫洋たる水田へ・・・・
何しろ日本第二の広大な…

第294号  29年2月号 (大川 史郎)

 「寒い」「本当に寒い」今月はこの台詞を何度言ったことだろうか…。
今月の上旬、日本中が強烈な寒波におおわれました。全国各地での影響が報道されていましたが、センター試験日に直面したために受験生や関係された方々はさぞ大変だったでしょう。     
 広島では19cmの積雪を記録だとか、近畿地方では大雪でハウスが倒壊したとか…普段雪が少ない地域では事故が相次いだり、除雪作業中に死亡事故まで起きたりと連日、各地の被害報告のニュースが絶えませんでした。
 勿論、北日本である秋田も大雪の…

第293号  29年1月号 (清野 道義)

 新年明けましておめでとうございます。
 旧年中は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。 本年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

 去年を振り返って見ると、相変わらず良くない話題が盛り沢山の一年だったように思います。ブラジルでジカ熱が流行しリオオリンピックの開催が心配されましたが無事開催されました。
 北朝鮮から長距離弾道ミサイルが秋田県沖に着弾するという事件もありました。 世界のあちこちで大きい地震が発生した中、日本でも熊本地震が発生し甚大な被…

第292号  28年12月号 (長井 一彦)

 例年より早い雪の便りが報じられる季節となりました。皆様如何お過ごしでしょうか。また皆様よりこの一年間「こまちの里」大変お世話になりました。心より感謝とお礼を申し上げます。
 
 これは、私の人生の訓示として残してゆこうと思った言葉のお話でございます。『人の弱さは、それを知っている人よりは、それを知らない人達においてよく現れている』=(自分の弱さを知っている人は、自分がだれかに支えられていることも良く知っている。だから他人の弱さにも気づく。つい虚勢を張ったり、物事を傲慢に言…

第291号  28年11月号 (大川 澄雄)

 当に「一言」になってしまいましたが、当社をご愛顧賜っております皆様へ伏して伏して感謝を申し上げます。
 この「こまちの里だより」に携わって参りまして、291号、25年を経過いたしました。読み返しますと、様々な出来事が懐かしく甦ってまいります。
 それはそれは沢山ございますが平成5年、大変な不作に見舞われまして、米の不作から皆様の要望にこたえきれず、大変な思いをさせてしまった事が一番心に残っております。
 また、この25年は皆様に支えられてこその頑張りでもありました。改めて…

第290号  28年9月号新米発送特別号 (大川 史郎)

 9月も下旬にさしかかった頃、今年ももう稲刈りの時期になりました。いや本当に早いものです。
 毎年9月の上旬に収穫前の村祭り「大潟神社例大祭」があるんですが今年は我が家の住区が担当でした。かつ役員の方も順番で(運が悪く…?)自分が担当になりまして最初から最後まで携わることになりました。実際に当日までの準備・当日の段取りなどをやってみると、村の祭りとはいえこれがなかなか…
  こういった行事の苦労と、神聖な儀式というのを勉強させてもらいました。

 そして、北日本に被害をもたら…

第289号  28年9月号 (清野 道義)

 何時も「こまちの里」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
 皆様におかれましては益々ご健勝の事とお喜び申し上げます。秋が深くなるにつれ稲穂も徐々に色付き「あきたこまち」の収穫期が近づいてきました。あっという間に収穫の時期がすぐそこまで来てしまいましたが今は、だんだんと黄金色に色付いてくる稲穂を眺めながら来る収穫に向け期待に胸膨らませています。
 コンバインや乾燥機、籾摺り機など収穫に向けて機械整備をして万全の体制を整えて行きたいと思います。

 我が家の田ん…

第288号  28年8月号 (長井 一彦)

 暑い日々をいかがお過ごしでしょうか。
 あきたこまちも初旬に出穂し、順調に推移しておりまして、稔りを待ちながら刈り取り作業準備に勤しんでいるところです。短い夏を惜しむかのように、秋田でも竿灯まつり、大曲の花火大会、湯沢の絵燈籠、そして盆踊りと、各地で五穀豊穣を願っての祭りが目白押しで、人々の労を癒し楽しませてくれます。

 世界のスポーツの祭典、オリンピックがブラジルのリオで開催、日本選手の活躍が注目されるところです。正直申しまして、日本での開催を二度見られるとは思いもよ…

第287号  28年7月号 (大川 澄雄)

 何時も「こまちの里」をご利用頂きまして誠に有難うございます。
早いもので今年も半分が終わってしまいましたが、皆様におかれましては、お変わりなくお過ごしの事と存じます。この酷暑の季節どうか、風邪などお召しになりませんよう、お気を付け下さいませ。
いろいろな獣が棲む、みどりしたたる東北の山・・・・。
 さて、東北の山々も緑したたる、誠に爽やかな季節を迎えました。世界遺産であります「白神山地」、まさにブナの原生林でありますが、その緑豊かな山地はそうそう他に現存しないのかも知れま…