第293号  29年1月号  清野 道義

 新年明けましておめでとうございます。
 旧年中は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。 本年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

 去年を振り返って見ると、相変わらず良くない話題が盛り沢山の一年だったように思います。ブラジルでジカ熱が流行しリオオリンピックの開催が心配されましたが無事開催されました。
 北朝鮮から長距離弾道ミサイルが秋田県沖に着弾するという事件もありました。 世界のあちこちで大きい地震が発生した中、日本でも熊本地震が発生し甚大な被害が発生しました。

 反面明るい話題もありました。
 スポーツ関連では去年開催されたリオオリンピックで日本人選手の活躍が目立ちメダル獲得数も過去最多の金メダル12個を含み41個のメダルを獲得しました。
 サッカーでもクラブ世界一を競う大会にて鹿島アントラーズがレアルマドリードに惜しくも負けましたが準優勝を勝ち取り、卓球ワールドカップで日本人初の個人優勝を平野美宇選手が最年少でつかみ取りました。
 世界情勢でもイギリスがEUを離脱し、アメリカではトランプ氏が今月に大統領に就任します。そのほかにも大統領選挙が世界各国であるみたいなので、今年は政治経済でも波乱が起きそうです。安倍総理の外交手腕が問われる年にもなりそうです。

 話は、小さくなって我が家の近況を少し。
 内孫外孫合わせて3人の孫のじぃじになって今年は5年目となります。
去年の秋に大きなケガをして、いまだに完全復帰に至っていませんが、今年の春は完全復帰に全力を注ぎたいと思っています。
 子育ての終盤に差し掛り先が見えてきましたが、農業情勢の方は混とんとした状態が続いていてなかなか明るい未来が見えてきませんが、家族のためにもうひと頑張りと言った所でしょうか。隠居生活は、もう少し先送りにして頑張りたいと思います。

 これから益々寒さが厳しくなって参ります。季節柄、どうぞお身体ご自愛下さいますようお願いします。新たな一年のスタートにあたり、 今年もどうぞ宜しくご指導賜りますようお願い申し上げます。

今月の一句
なまはげの 声届けたし 幸あれと