「こまちの里」へようこそ!

最近の主なお知らせ:

07月04日 お中元・各種ご進物のご利用心よりお待ち申し上げております

 日頃お世話になっていらっしゃる方々への感謝の気持ちを「お中元」に込めてみてはいかがでしょうか。
 私どもが丹精込めました今摺り米の「あきたこまち」でご奉仕頂けますならこの上ない幸せでございます。
 また各種ご進物も受け賜っております。どうぞご利用下さい。また、化粧箱や、お熨斗の添付など、どうぞお気軽に問い合わせ下さいませ。それでは、お待ち申し上げております。

07月03日 夏季休暇につきまして

 お盆休みと致しまして、8月11日(金・祭日)~15日(火)までの5日間を休業とさせて頂きます。
 誠に勝手ではありますが、11日(金)~16日(水)までのお荷物は、前もっての発送となりますので、お急ぎのご注文や数量の変更がございましたら、8月10日(木)午後2時までにお知らせ下さいませ。よろしくお願い申し上げます。

本物の「あきたこまち」をお届けします

遥かに秀麗な白神山地を望み、奥羽山脈から湧き生ずる清らかな流れはどこまでも澄み、八郎湖に注ぐ。
溢れんばかりの太陽の光は燦燦と降り注ぎ、日本海を渡る潮風は爽やかに稲穂を揺らす。

そんな北国秋田の、とっても美しい風景のなかで、私たちが手塩にかけた本物のあきたこまちを皆様にお届けします。
自然の恵みをふんだんに浴びた美味しいお米をぜひ一度お試しください。

私たちが作った「あきたこまち」を直接皆様のお手元へ

「こまちの里」は、秋田県大潟村の3軒4人の農家で経営しているちっぽけな会社です。 けれども、お米に対しての熱意は誰にも負けないと自負しています。

土づくりにこだわり、病気や害虫にも耐えうる丈夫な稲づくりを目指し、より自然の摂理にかなう無理のない生育環境づくりに、日々励んでいます。 みちのく秋田より皆様へ爽やかな風とともに私たちの真心を贈ります。

トピックス

平成29年 7月 25日(火) 大川 史郎

先入観

 先週末の秋田におこった豪雨の動画を見て自分の地区との違いに驚愕しました。
 自分の記憶だと、秋田では大雨や豪雨はあったけれど、ここまでの被害はあまりきいたことがなかったので、いつもよりかはひどいくらいだと思っていました。
映像を見るまでは…
 
 
 幸いにも大潟村では被害情報は聞いてませんが、氾濫した水によって消えてしまった田んぼの映像を見ていると、自分のことのように胸が痛くなります。ここ数日の晴れの間に排水が進んでくれればいいのだけれど…
 心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

平成29年 7月 24日(月) 清野 道義

ご心配をお掛けしていましたが・・・。

 先週末から秋田県にの集中豪雨が有り皆様にご心配をお掛けしておりましたが
排水対策が十分に活かされほとんど影響はありませんでした。
毎秒40トンはやはり伊達じゃないみたいです。
他の地域では、やはり治水の不備から洪水被害のあった地域が有ったり土砂崩れの為国道が不通になったりと農作物の被害はもとより公共交通にもかなりのダメージがあったようです。幸い人的被害の報告は無かったようでした。
 今朝は秋田沖に地震も発生しました。
地震規模はマグニチュード4,4と言う事でした。
震度も2程度だったのですが、雨で緩んだ斜面の土砂崩れが無ければ良いのですが・・・、今の所情報も入っていないようなのでほとんど影響は無かったのではないかと思っています。

平成29年 7月 21日(金) 大川 史郎

狩猟フォーラム

 ここ最近本当に暑い日ばかりで(秋田の30℃越えは猛暑レベル)、年なのか睡眠があまりとれないと、てきめんに身体に響いてきます。体調管理下手くそだな…

 先週末、秋田県猟友会主催?の狩猟フォーラムというのがありました。当日は朝から結構などしゃ降りであまり仕事にならなく、一応猟友会員というのもあり、チビ達を連れて行って来ました。”ジビエ料理”が出されるというのでイノシシなんかを期待してましたが…鳥のほうでした。キジ?鴨?どっちだったか忘れたけど鳥でした(苦笑)

 秋田では熊の人的被害がいわれてますが、他県では鹿やイノシシの農作物被害がかなり深刻なようで…
 狩猟人口が一時期にくらべかなり減ったのもあるけど、野生動物が増えたのか原因はいまいち定かではないですが。本当はうまく共存できればいいんだけど、なかなか難しいのが現実です。

 

平成29年 7月 20日(木) 長井 一彦

梅雨明け?。

 昨日も暑かったです。今までそこそこの屋敷の草取り作業を依頼しておりましたが今回は徹底するつもりでの頑張りでした。暑い中でも日陰の風も有りでしたが熱気で参りましたね。狭い所で植えた植物を剪定作業することは「いじめ」に似た行為かと。また綺麗になった風景を眺めるのが夢でしたから『よし』としなくちゃ。
 各地で梅雨明け宣言されたところでしたが、暑い所では今後の水が足りるのか、と言うのを耳にしました、異常的な気象で水が溢れ災害を招き困らせる。
極端な状態は身の破滅?。さて世は如何な方向へ進むのやら。

平成29年 7月 19日(水) 大川 澄雄

満開の蓮の花

  大潟村も真夏日の到来です。今年は高温に恵まれず稲の生育が心配されましたが、この大切な成長の時期に真夏日が参りました。稲昨農家と致しましてはこんなに嬉しい事はありません。まさにグットタイミングであります。

 これから減数分裂期、幼穂形成期、穂ばらみ期と大事な時期に入ります。この時期に低温になりますと、不作の要因となりますので、そうならない事を祈っていたいと思います。

 この真夏日と共に、「南の公園」の蓮の花がパチッ、パチッと音がするかのように開き始めました。緑の葉っぱの上に、それこそ華麗な花が咲いている様は荘厳でもあります。八郎潟を浄化する一端として、Y先生が植えたものですが見事広がって咲き誇っておりました。