「こまちの里」へようこそ!

最近の主なお知らせ:

11月01日 30年産「里のもち」販売開始致しました

 おまたせ致しました、ご好評いただいております当社の人気商品「里のもち」の発送を開始しました! メンバーの清野道義が丹精込めて作り上げた、もち米最高品種「こがねもち」100%季節限定の逸品でございます。
 つき立てのこがねもち、祝い事、その他お料理に、またお歳暮など、ぜひご用命くださいますようお願い申し上げます
  

11月01日 年内限定にて”鬼っこ漬・単品パック”販売致しております

 新米販売のキャンペーン時にご好評でした『ピリ辛鬼っこ漬』。
今年もお問い合わせが多くございましたので年内に限りご注文を受け賜わっております。

 250g単品パック  価格:629円(税込679円)

 ※お米のお荷物には1~2個程度は混載できます。

 つきましてご注文のお客様はお電話、またはお申込み時の備考欄等をご利用下さいませ。是非のご注文をお待ち申し上げております。

本物の「あきたこまち」をお届けします

遥かに秀麗な白神山地を望み、奥羽山脈から湧き生ずる清らかな流れはどこまでも澄み、八郎湖に注ぐ。
溢れんばかりの太陽の光は燦燦と降り注ぎ、日本海を渡る潮風は爽やかに稲穂を揺らす。

そんな北国秋田の、とっても美しい風景のなかで、私たちが手塩にかけた本物のあきたこまちを皆様にお届けします。
自然の恵みをふんだんに浴びた美味しいお米をぜひ一度お試しください。

私たちが作った「あきたこまち」を直接皆様のお手元へ

「こまちの里」は、秋田県大潟村の3軒4人の農家で経営しているちっぽけな会社です。 けれども、お米に対しての熱意は誰にも負けないと自負しています。

土づくりにこだわり、病気や害虫にも耐えうる丈夫な稲づくりを目指し、より自然の摂理にかなう無理のない生育環境づくりに、日々励んでいます。 みちのく秋田より皆様へ爽やかな風とともに私たちの真心を贈ります。

トピックス

平成30年 11月 13日(火) 大川 澄雄

どうだんと言わんばかりに

 秋の紅葉も散っていく中に「どうだん(い)」と言わんばかりに見事な紅葉を呈している満天星(どうだん)、ことしは余計に真紅の色で、行く秋を惜しんでおりました。

 今日、珍しい来客がありました。生まれ故郷(熊本県水俣市久木野)に約20年前に郷土を愛し、地域の発展をエンジョイするために建立された「愛林館」の館長Sさん(何と東大出)が、秋田の友達(Sさん)とお見えになりました。懐かしさと嬉しさに故郷の話しに花が咲き、懐かしさに胸が熱くなりました。そして、ごゆっくり私の田んぼ、作業場をご案内して帰られました。

平成30年 11月 12日(月) 長井 一彦

残念で今一度挑戦です。

 おはようございます。今日は良いお天気に成りそうですがちょっと寒い感じです。
それも時節柄当然なことでしょうか。申し訳ありません記載後の後から曇りから雨が降るお天気になりました。長期予報での事では冬の季節東北では平年並みかやや暖冬の気配かとのこと。大量の雪やら寒く凍結になる事が無ければ良いのですが、期待したいものです。
 先日の雨が降る日に紅葉を見ようと出掛けてみましたが案の定予想道理のことで風景はちょっと残念でした。秋田の県北地では落葉時でしょうか、幸いに飲みあかし語りの宴会で過ごすのでした。明日のお天気は晴れる?。今一度出かけるのも良しかなと思いますがどうでしょうか。

平成30年 11月 9日(金) 大川 史郎

落ち着かず

 暦は11月も上旬。なのにここ最近妙に暖かい日が続いていまして、今日も外気温は20℃を示していました。この前まで急に冷えていたかと思いきや…

 ちなみに今年も初猟がありましたが、良かったのは荒れた天候の初日くらいで、後は天気の良い日が続いて、鴨の姿も朝一くらいしか見る事はありませんでした。(画像のはデコイです)。
 とはいっても実際、早朝は霧がすごくてあまり目にすることはなかったんですが(画像のように見えてくるのは結構時間がたった頃)。
 ここ最近の気温の高さが影響してるんだろうな、こんな時は体調のほうも影響を受けそうだから気をつけないと。とりあえず身体がいいうちに予防接種にいこうかな。あと歯医者もだ、それと整形もか…なんかやること結構あるな。
 
 

平成30年 11月 8日(木) 清野 道義

天気は今日まで

 いい天気が続いていたのですが、明日から天気が崩れて来そうです。
未だに色々な用事で暗渠敷設作業が進んで居なくて(準備は万端整っています)
カミさんに文句を言われています。
流石に暖かい内に外の仕事は終らせたいと思うのは道理かなと思っているのですが、農繁期が終ると対外的な付き合いが一気に増えて来るので思うように仕事が出来ていません。
天気が回復したら頑張ります。

平成30年 11月 7日(水) 大川 澄雄

谷に映える紅葉

 今頃になって好天気が続いておりますが、忙しい合間をぬって家内とマタギで有名な阿仁地方へ紅葉見物に出かけました。今年は台風が2回も襲い、しかも塩害を伴ったものでしたから、今季の紅葉は駄目だろうと言う事で不安視しておりましたが、案の定何時もとは違い、やはりイマイチの紅葉でありました。

 平地、そして直接風を受ける山のなだりはなるほど塩害の影響なのか色が冴えない紅葉でしたが、一端風を受けない沢に入りますと綺麗な紅葉に見惚れる場面も多多ありました。「もうこのまま冬に突入するのかな~」と語りつつ山を下りたのでした。