「こまちの里」へようこそ!

最近の主なお知らせ:

02月06日 ご好評の『里のもち』あと僅かになりました。

 ご好評をいただいております、特別栽培「こがねもち」を100%使用し、こし・ねばり・風味に細心の注意をはらい、クリーンな環境のもと、杵でつきあげた手作り生産の「里のもち」もあとわずかになりました。どうぞお早目にお申し付け下さいませ。お待ち申し上げております。

 尚、もち米「こがねもち」は通年販売致しておりますので、そちらもご利用下さいませ。

01月31日 「鬼っこ漬」まだ若干の余裕がございます

 ご好評をいただいておりますピリ辛「鬼っこ漬」。
まだ少々在庫がございます。是非ご用命下さいませ。
 お待ち致しております。

本物の「あきたこまち」をお届けします

遥かに秀麗な白神山地を望み、奥羽山脈から湧き生ずる清らかな流れはどこまでも澄み、八郎湖に注ぐ。
溢れんばかりの太陽の光は燦燦と降り注ぎ、日本海を渡る潮風は爽やかに稲穂を揺らす。

そんな北国秋田の、とっても美しい風景のなかで、私たちが手塩にかけた本物のあきたこまちを皆様にお届けします。
自然の恵みをふんだんに浴びた美味しいお米をぜひ一度お試しください。

私たちが作った「あきたこまち」を直接皆様のお手元へ

「こまちの里」は、秋田県大潟村の3軒4人の農家で経営しているちっぽけな会社です。 けれども、お米に対しての熱意は誰にも負けないと自負しています。

土づくりにこだわり、病気や害虫にも耐えうる丈夫な稲づくりを目指し、より自然の摂理にかなう無理のない生育環境づくりに、日々励んでいます。 みちのく秋田より皆様へ爽やかな風とともに私たちの真心を贈ります。

トピックス

平成29年 2月 23日(木) 長井 一彦

春がまたやってくる。

 連日雨気の穏やかな天気が続いております。春の強い風が吹く地域から見たら雪が解けて行くのが目に見えます。何か後が怖い感がしてなりません。
ようやく梅の剪定を終えて安堵したところですが、2月の月もあっという間に通り過ぎます、春も意外と早くやって来るのでしょうか、ここで春作業の忙しさを思う気持ちが、まだまだ未熟さと恥ずかしさを知るものです。人生何事も100%上手くいきません。

平成29年 2月 22日(水) 大川 澄雄

春兆す日本海沿岸

 あんなに荒れ狂った日本海、青森県鰺ヶ沢町の千畳敷の海岸、打ち寄せる波もどこか優しい春の訪れを感じさせる気候となりました。この千畳敷駅はJR五能線の中にあり、最も優美な北日本海の海岸として旅人を魅了して止まない海岸でもあります。この傍に青池など「十二湖」と言う風光明媚な沼が点在します。

 先日、岩木山より下山、日本海周りでこの鰺ヶ沢の千畳敷に立ち寄りました。少し北に行きますと、秋田犬「わさを」で有名な海岸もある、話題の多い場所でございます。そこに「T食堂」があり、丁度昼でもありまして立ち寄り、昼食を致しました。そこに素晴らしいおかみさんがいらっしゃいまして、世間を論ずるとでも申しましょうか、話しを聞くのがとても楽しみです。

 運転手は私、仲間3人の美味しそうなビールと酒の捗りをうらやましげにちらちら見つめてノンアルコールを好っている私でした。

平成29年 2月 21日(火) 清野 道義

先行告知です

 
☆ 明日、22日注文から「切り餅」の販売価格を値下げ致しました。

☆ 通常料金600円を特別価格400円(消費税別)で販売致します。

☆ 売り切れ御免ですのでお早目のご注文をお願いします。

 今日は、風が強く雲の流れが速いです。
おかげで天気が目まぐるしく変わります。太陽が出たかと思うと5分もしない内に猛吹雪になったりと大変な一日となっています。
先日は雨が降り続いて居た所、急な冷え込みで又真冬に逆戻りです。
道路に雪も付き始めているので夕方から多分凍り始めると思うので注意して安全運転を心がけたいと思います。

平成29年 2月 20日(月) 大川 澄雄

今年最後の猟

 秋田の猟期は2月15日まででございます。いままで40年近く猟に行っておりますが、今年も例に違わず青森県「岩木山」山麓に出掛けました。昔は12名いた仲間も、大半が亡くなりまして、僅か4名になってしまいました。その仲間も80歳、またはそれに近い年齢でございまして、いつまで猟に行けるのか気掛かりでございますが、行けるうちは行こうと励まし合っております。

 何しろ、あんなにいた「野うさぎ」が足跡すらほとんど見えなくなってきました。何が原因なのか、天敵の「テン」「キツネ」の仕業ばかりではないように思えます。この分ですと絶滅危惧種どころか、この世から消えてしまうかも知れません。何とか、増やす方法はないのか、そう思いつつ歩いておりました。

 「ええつ・・・お前たち獲ったからだろうが・・・」と聞こえそうでございますが、私達名目は猟ですが、実は体力をつけるために歩く事を目的としておりまして、腹を空かしたあとの昼食、何とも言えない楽しさがある訳でございまして、その冬山の魅力に取りつかれての事でございましす。今回も一羽も獲れませんでした。ご安心下さいませ。

平成29年 2月 17日(金) 清野 道義

春の陽気から⤵

 今日は朝からどしゃ降りの雨が降っていました。
気温も高かったので湿度と温度で倉庫の屋根に結露が発生していました。
幸い滴る程で無かったので良かったです。
滅多な事で起こらないのですが条件がそろってしまったようです。

今日の雨で大潟村の雪も半分くらいになりました。気温も10℃以上になったみたいです。雪が解けてくれるのは良いのですが、春風と共に乾いた空気で
ゆっくり融けてほしいものです。雨は要りません。
 
 そろそろ春作業の秒読みが開始される感じです。
雪が融けてしまうと気持ちまでそわそわしてしまいます。
 
 農家の性でしょうか?