「こまちの里」へようこそ!

最近の主なお知らせ:

04月18日 ゴールデンウィーク期間の営業につきまして

 皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、来たる連休期間の営業は通常通りとさせて頂きたいと存じます。カレンダーの関係で、
 
 4月29日(土)~4月30日(日)までと
 5月3日(水)~5月7日(日)まで連休となります。

 お早めのご注文、到着指定日の変更などございましたら、4月28日(金)午後2時までにご連絡をお願い致します。

 
 ご不便をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。    

本物の「あきたこまち」をお届けします

遥かに秀麗な白神山地を望み、奥羽山脈から湧き生ずる清らかな流れはどこまでも澄み、八郎湖に注ぐ。
溢れんばかりの太陽の光は燦燦と降り注ぎ、日本海を渡る潮風は爽やかに稲穂を揺らす。

そんな北国秋田の、とっても美しい風景のなかで、私たちが手塩にかけた本物のあきたこまちを皆様にお届けします。
自然の恵みをふんだんに浴びた美味しいお米をぜひ一度お試しください。

私たちが作った「あきたこまち」を直接皆様のお手元へ

「こまちの里」は、秋田県大潟村の3軒4人の農家で経営しているちっぽけな会社です。 けれども、お米に対しての熱意は誰にも負けないと自負しています。

土づくりにこだわり、病気や害虫にも耐えうる丈夫な稲づくりを目指し、より自然の摂理にかなう無理のない生育環境づくりに、日々励んでいます。 みちのく秋田より皆様へ爽やかな風とともに私たちの真心を贈ります。

トピックス

平成29年 4月 24日(月) 大川 澄雄

発芽順調

 先日、16日に種蒔きした「あきたこまち」、お陰様を持ちまして順調に発芽いたしました。青いひも状のシートは、どうしても外側が発芽が遅れますので、成長を促すための保温シートであります。

 今年は低温ぎみで天候も悪く、発芽が心配されましたが、どうやら上手く発芽しまして「ほっ」と致してしております。これから病気に罹らないよう、細心の注意を心にかけながら田植えまで見守って行きたいと思っております。

平成29年 4月 21日(金) 長井 一彦

我が春に。

 種蒔きもようやく終えることが出来ました。発電機、播種機のトラブルで作業は進まず爆風低気圧での雨の中手間を取り、今朝方200枚ほどの箱を並べて終了。
作業効率は50%くらいで肉体より神経疲れで参った日間でした。
 今日の晴天で播種した芽もぐんぐん伸びてくれることでしょう。今後のお天気に期待するところです。
 日曜日には夜桜を見に行きたいと思っておりますが実現できるか否か、心がけ次第でしょうか。春男にも良い事があってもいいのにと思うのですがね。

平成29年 4月 20日(木) 大川 史郎

なにより

 昨日まで続いていた暴風警報、夕方以降は落ち着いてくるといわれてましたが夜遅くまで結構な強さで…思わず寝る前にも見に行ってしまいました。
 今朝からの落ち着いた天気を見てるともうほんとこれ以上は勘弁してほしいですな。
 
 4月中旬にもなると大潟村も桜が咲き始めてきます。スーパーにある桜の木ですが、毎年ここのが村内で一番早い開花だ…と思ってます(自分調べ)
 もう少し咲始めが早かったら、今回の暴風にやられていたんだろうな。

 運よくハウスも桜も無事で良かった。

平成29年 4月 19日(水) 清野 道義

種蒔き、半分越え

 昨日は、暴風警報発令されていてさすがに風がすごかったです。
県内はもとより大潟村でもビニールハウスが飛ばされ被害が出たようです。
仕事を休んだ人が多数いたなか、我が家は通常通りの作業を熟しました。
思いのほか強い風が吹いているので注意はしていましたが被害が出るほどの風では無いと思っていたので、ビニールハウスの倒壊の情報にはびっくりしました。
この先、これ程の風は吹かないと思います。(安易な思い!!)

 大潟村の桜がついに咲き始めました。
今週末には5分咲き以上になるかと思っています。
今年の種蒔きが終れば桜の満開時期になるので少しは桜を感じる余裕が出るのかなと思います。
それでもまだまだ農作業は山積みの状態です。田植えが終わるまで体と気持ちに緊張感を持続するよう頑張ります。

平成29年 4月 18日(火) 大川 史郎

偶然?

 去年の4月17日、急な暴風警報が発令されました。ビニールハウスの破損・倒壊を避けるべく夜中まで格闘したのを覚えています。
 
 そして本日4月18日また暴風警報が発令されてしまいました。去年のこともあってか昨晩から臨時の村内放送でも警戒を促していました。

 実はこの情報、先週から出ていて(自分は同級生から聞いた口ですが)、これが過ぎるまでは種蒔きを延期にする農家も少なくないようでした。
 ハウスに種をいれてしまうと、もうハウスの風対策ができなくなるし、万が一ハウスが倒壊しても種は残しておくためなんでしょう。

 家はというとはじめ聞いた時、半信半疑で普通に始めましたが…(苦笑)。
 
 今現在まではなんとか無事にやり過ごすことができました。去年の暴風でダメージを負ったハウスはまだ種はいれてなかったので風対策もできましたし
 (ちなみに風対策は風の通り道を作り、勢いを逃がしてやるために横のビニール、風下側のドアを開けることです)。

 これは余談ですが本日4月18日は去年の荒れた4月17日と全くといっていいほど同じ周期だったっていう…。去年はうるう年で2月は29日まであったんで。
  
 こういうのいらないわ~。