「こまちの里」へようこそ!

本物の「あきたこまち」をお届けします

遥かに秀麗な白神山地を望み、奥羽山脈から湧き生ずる清らかな流れはどこまでも澄み、八郎湖に注ぐ。
溢れんばかりの太陽の光は燦燦と降り注ぎ、日本海を渡る潮風は爽やかに稲穂を揺らす。

そんな北国秋田の、とっても美しい風景のなかで、私たちが手塩にかけた本物のあきたこまちを皆様にお届けします。
自然の恵みをふんだんに浴びた美味しいお米をぜひ一度お試しください。

私たちが作った「あきたこまち」を直接皆様のお手元へ

「こまちの里」は、秋田県大潟村の3軒4人の農家で経営しているちっぽけな会社です。 けれども、お米に対しての熱意は誰にも負けないと自負しています。

土づくりにこだわり、病気や害虫にも耐えうる丈夫な稲づくりを目指し、より自然の摂理にかなう無理のない生育環境づくりに、日々励んでいます。 みちのく秋田より皆様へ爽やかな風とともに私たちの真心を贈ります。

トピックス

平成29年 1月 19日(木) 長井 一彦

縁起がいい幕明け。

 寒波も一休みでしょうか、屋根の雪も陽が射しても気温が低いために雪もそう簡単に融けてくれません、これから明日にかけてまた降る予報です。寒い日が続きましたが先日の日曜日、村の体育館では村一番のイベントであります、老若男女そろって住区対抗のバレーボール大会が行われました。外は吹雪く雪の中でも熱気に包まれた熱戦が繰り広げられたのです。家庭バレーにソフトバレーの4競技で3個の優勝と3位という成績を住区の応援を受けて勝ち取ったものでした。全員で祝うおいしさはまた格別なものです。正月早々皆さんに良い年でありますよう願わずにいられません。
 皆様にご健康とご多幸をお祈りいたします。

平成29年 1月 18日(水) 大川 史郎

ここにも大雪の影響が

 昨年中は大変お世話になりました。今年も何卒よろしくお願い致します。(何気に今年初の書き込みなので…)

 しかし降りました~。昨年末は今年もなんだかんだで雪は少ないんじゃないの?
みたいなタカをくくってたら…。
 
 屋根の雪は落ちて来てもガレージ側までは来ないはずなのにこうまで落雪が蓄積されていくとこうなるか…

 まずいな、このままでは壁が割れるわ、なんとかしないと(泣)

 皆様も除雪の際は気をつけて下さい。

 

平成29年 1月 17日(火) 大川 澄雄

日本一低い山にも雪が・・・・

 日本一低い山、何と海抜マイナスから出ている山、丁度山頂が
ゼロメートルなんです。大潟村は面積18000町歩のすごい面積でありますが、すべて海より低い海抜0メートル、映像に見える山の頂が海面と同じなんです。ですから回り約50Kmの堤防で囲まれているわけですから大きな地震で堤防が破壊されると周りの残存湖から水が浸入、また海面と残存湖を遮断している「防潮水門」が破壊されると海水が浸入する事になるのです。でもとても広大な大潟村少しの侵入では1年かかっても水浸しにはなりません。でも超巨大な地震ですと、また元の湖に還るかもしれませんね。

 そんな日本一低い山(大潟富士の名前です)にも雪が積もりました。見渡す限り雪の大地、その周りの田んぼも全て真白、み~んな雪の布団を被って休んでおりました。

平成29年 1月 16日(月) 清野 道義

ようやく太陽が顔を出してくれました。

 数日前から記録的な寒波の影響で日本のあちこちで雪の影響があったと言うニュースが流れていましたが、今日ようやく太陽が顔を拝むことが出来ました。
昨日までにトータル40センチ位の積雪になっていると思います。
さすがに山沿いの積雪から比べるとかなり少ない数字なので過ごしやすい地域に居るので助かっています。
それでも田んぼにはもういけないかなと思っているのですが近々挑戦はしてみたいなと思っています。車が雪で埋まってしまわない事を願いながら田んぼに向かって行って見たいと思います。

平成29年 1月 13日(金) 清野 道義

大寒波の峠は、越したようです。

 昨日は、猛吹雪のため車を運転していてホワイトアウト状態になる時が時々あり緊張しながら運転しました。
この猛吹雪の時は車を停車してしまうと後続車による追突事故になる可能性が大きいので、ゆっくりでも車を進めていた方がいいかと思います、
それでも道路脇などに目印を見つけれたらラッキーで自分がどこを走っているか全くわからない時もあります。
こういう日は外に出ない事が一番なのですがそうはいかないですよね。
今日は少し太陽も顔を覗かせるくらい穏やかな一日でした。
寒波の峠は越えたと思うのでしばらく静かでいてほしいものです。
多分無理だと思うのですが・・・・・。